マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛

9月26日(火)9時14分 オリコン

9月27日放送、テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、マツコ(右)がかねてから熱望していた“大銀杏を結う”(C)テレビ朝日

写真を拡大

 タレントのマツコ・デラックスが、かねてから熱望していた“大銀杏を結う”という夢を実現させた。27日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)で、日本相撲協会に企画を持ちかけたところ、快諾された。マツコは「相撲ファン、相撲関係者の皆さん、本当にすみません…」と、詫びの言葉を口にしながらも「今回はわたしのワガママを聞いていただいて、ありがとうございました」と、夢がかなった実感を噛み締め、大満足の様子だった。

 同番組で、「大銀杏を結ってみたい」と話していたマツコ。今回、スタジオには九重部屋から一等床山の床岳さんと、「千代丸の幸せ顔」コーナーでおなじみの千代丸関が登場。わざわざスタジオまで出向いてくれたことにマツコは「(大銀杏を結いたいなんて)変なこと口走ってしまったばかりにすみません…」と恐縮。

 しかし、企画を誰よりも楽しみにしていたのはマツコ本人。九重部屋が用意した普段力士が着ているという浴衣に着替え、床岳さんの手で髪に鬢(びん)付け油が塗られていく。

 大好きな鬢付け油の匂いに包まれながら髪を結われるマツコ。その後ろ姿はまさに力士そのもの!? 床岳さんの床山歴や九重部屋の様子などを聞いたり、「歴代の九重親方はみんなカッコ良かった」などと、楽しくおしゃべりをしながら髪結いの時間が過ぎていく。

 「こんなことをしてしまって、本当に大丈夫かしら…」「相撲協会や、大相撲ファンの方々に怒られないかしら…」としきりに不安がるマツコ。しかし大変身したマツコを見た有吉弘行は「いいじゃん! 本物だよ!」と驚がく。千代丸関も「かっこいいですよ」と絶賛していた。

 力士の姿に変身を遂げたマツコは“相撲太鼓”の音に合わせ、その姿でスタジオに入場。あらためて鏡に映る自分の姿を見た、マツコの反応は!?

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

マツコ・デラックスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ