『ゼンカイジャー』テニス回に反響 「テニスは格闘技」や基本に忠実なパーフェクトテニスで盛り上がる

9月26日(日)11時37分 オリコン

『機界戦隊ゼンカイジャー』に出演する(左から)増子敦貴、駒木根葵汰、世古口凌 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 スーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)。第29カイ「王子のねらい、知っているかい?」が、26日に放送された。

 配達中の介人(駒木根葵汰)の前にステイシー(世古口凌)が現れ、戦いを仕掛けてくる。一方、駄菓子カフェ「カラフル」の近くにテニスワルドが出現。テニスワルドの打球に当たったヤツデ(榊原郁恵)がボールにされてしまう。ゾックス(増子敦貴)がテニスワルドに応戦するが、普通の攻撃ではなくテニスでしかダメージを与えられない。

 介人たちは、漫画をきかっけに「テニスは格闘技だろ」と目覚めたというゾックスの指導によりテニスの特訓をすることに。ところが、ゾックスが読んだ漫画では、テニスは格闘技。崖を登ったり、居合切りをしたり、滝行をしたり、フリント(森日菜美)が作った緑のドリンクを飲んだりと、おかしな修業が行うことになった。

 修行の成果を見せるもテニスワルドの技に苦戦を強いられた。そんな中、ステイシーがさっそうと登場。ヤツデを助けるため“サトシ”としてテニスワルドと対戦することに。基本に忠実なパーフェクトなテニスでテニスワルドに勝利。仮面が外れ攻撃が効くようになったテニスワルドを、介人たちが撃破した。

 この回には、某テニス漫画を想起させるようなせりふや展開も散りばめられた。そのミュージカル作品に増子が出演していたこともあり、ツイッターでは「ネタの拾い方が細かい」「本家にあるのが怖い」と大盛り上がりとなっていた。

 また、ステイシー役の世古口はORICON NEWSのインタビューで『ゼンカイジャー』でやりたいことについて「テニス」を挙げていた。念願かなってのテニス回となり、ツイッターで世古口は「実はテニス回の撮影前にこっそり近くのテニススクールに通って思い出し特訓してました。優しくしてくれた地元の皆様へ、感謝。少しは活かせたかな?」と裏話を明かしていた。

オリコン

「カイジ」をもっと詳しく

「カイジ」のニュース

「カイジ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ