TBS新人アナ3人、大型特番『お笑いの日』に生出演 ダウンタウンと初共演【コメントあり】

9月26日(日)15時0分 オリコン

新人アナウンサーの(左から)高柳光希、佐々木舞音、小沢光葵(C)TBS

写真を拡大

 10月2日の午後2時から8時間にわたって生放送される、TBS系大型お笑い特番『お笑いの日2021』。同局の新人アナウンサーの小沢光葵、佐々木舞音、高柳光希がダウンタウンと初共演を果たすことが決定した。

 新人アナの3人は、東京・豊洲の「IHIステージアラウンド東京」から、赤坂のTBSへ移動する総合MCのダウンタウンの中継を、山本里菜アナウンサー引率のもとで担当。小沢アナは「まだ、まったく実感がないというのが正直なところです。新人3人そろっての地上波デビューがいきなりダウンタウンさんと共演させていただくということで緊張しますが、一生忘れることがない経験となるように思い切ってやります。研修で何ヶ月もお世話になった先輩たちに、羽ばたく瞬間を温かい気持ちで見守っていただければと思います」と意気込む。

 佐々木アナは「学生時代からずっと拝見していたダウンタウンさんと共演させていただけるということの想像がまったくつかず、本当に『お笑いの日』が来るのかと、まだドキドキしています。貴重な機会を与えていただき、心からうれしいです。ここは何としても形にしなければならない という気持ちで、皆様に少しでも笑いを届けられるよう精一杯準備をして臨みます。新人3人がそろっての地上波出演はこれが初めてなので、精一杯食らいついている必死感を見て、くすっと笑っていただければと思います。私たち3人の結束力はどの先輩方にも負けないと自負していますので、そのコンビネーションも見ていただければと思います」と気合十分に呼びかけた。

 高柳アナも「いよいよ放送が間近に迫ってきましたが、最初にお話をいただいたときは、まさか自分たちがダウンタウンのお2人と共演できると思っていなかったので喜びと不安が共存しているような感情です。上手くいかないところも含めて楽しんでいただきたいのがひとつと、その中でも必死にもがく私たちの勇姿を、お世話になった多くの方々に見ていただきたいと思います! 頑張った研修の成果を見せます!」と決意を語った。

オリコン

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ