歌舞伎好き過ぎる女性、200万円の三味線を購入する

9月26日(火)7時0分 NEWSポストセブン

歌舞伎で浪費する妻の実態とは(写真/アフロ)

写真を拡大

「夏のボーナスをすべてK-POPアイドルにつぎ込んだ」、「ディズニーランドにのめり込むあまり、ミッキーをきれいに撮るため、20万円の一眼レフを買った」——そんな驚くべき“浪費女”の実態を描いた『浪費図鑑』(小学館)が話題になっている。夫をなだめ、家事や育児と両立しながら自分の趣味にお金をつぎ込む“浪妻”の一人50才フルタイム勤務、自営業の夫とふたり暮らしのKさん。高価な着物と帯、結い上げた髪で銀座に出没するそんな彼女に話を聞いた。


 * * *

 歌舞伎の世界というのは、観劇そのものにもお金がかかるのですが、それ以上に怖いのが“副作用”。例えば、ある程度歌舞伎をたしなんだ人は、着物で舞台に足を運びます。


 それも1枚持っているだけではダメ。袷、単衣、薄物と季節に合わせて変わっていくし、それぞれに適した帯も用意しなければなりません。それも帯だけで50万円という世界です。


 さらにのめり込むと、舞台の伴奏で使われる長唄三味線や日舞を習いはじめる人もいて、これがまたお金を食うんです。例えば三味線だと先生への月謝に加え、練習用の楽器も買わなきゃいけない。


 少し上達してくると、発表会に出るようになりまして、そこで“本番用の三味線”という恐ろしい代物が出現します。


 先生曰く、「50万円のなんて、買っても何の意味もないわよ。せめて200万円のものにしてね」ですって。目を白黒させながら、買ってしまいましたよ。


※女性セブン2017年10月5日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

歌舞伎をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ