生田斗真「広瀬すず史上、最強にかわいい」 初共演作を自信たっぷりにアピール

9月26日(火)20時58分 エンタメOVO

ヒロインの響を演じた広瀬すず

写真を拡大

 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、三木孝浩監督が登壇した。

 本作は、大ヒットコミック「先生!」を実写映画化。主人公の高校2年生・響(広瀬)は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて恋をしたのは、口下手だけど生徒思いの世界史の教師・伊藤(生田)だった…。

 広瀬をエスコートしながらピンクカーペットを歩いた生田は「広瀬すず史上、最強にかわいい映画になっています」と自信たっぷりに宣言。「これは恐らく数年更新されることはないでしょう」とほほ笑むと「日本の男子諸君、覚悟して映画館に来るように」とアピールした。

 一方、広瀬も「本当に伊藤先生がかっこいいです。伊藤先生がいてくださったから、響を真っすぐに生きられたなと思う」と生田をべた褒め。これには生田も「今日は身内で褒め合っていこうというスタイルなんです」と照れ笑いを浮かべた。

 また本作で、(三木監督の)『僕等がいた』以来、5年ぶりに恋愛映画に出演した生田は、当時、三木監督から「10年後、30代になった時にまた生田斗真の映画を撮りたい」と言われていたと明かし、「意外とすぐにかなった。三木さんとの男の約束を果たせたという思いがある」としみじみとコメントした。

 実は「ここまで王道のズキュンとするラブストーリーは初めて」という広瀬も、「生田さんと監督の信頼関係がすごくて、この2人に付いていこうと思える現場でした。楽しかったです」と語った。

 2人が初めて会ったのは、それぞれ別の作品の撮影中だったという。生田は「僕は“某金髪の潜入捜査官”、(彼女は)“某チアリーディング”をやっている時。スタジオのメーク部屋でたまたま一緒になった」と回想。しかも当時、生田は「金髪でオールバックなのにモコモコのルームウエア」というコスプレ感満載のスタイルだったそうで「よく分からない出会い。ちょっと恥ずかしかった」と笑いながら明かした。

 広瀬も「これから伊藤先生(生田)がどんなふうに変わっていくのかな…?」とあまり本作のイメージが湧かなかった様子で、さらに2回目の出会いも「舞台を見に行かせてもらったのですが、バンパイア(役)だったので、そっちも何だかよく分からなくて…」と“コスプレ”続きの出会いに、苦笑いだった。

 映画は10月28日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

エンタメOVO

この記事が気に入ったらいいね!しよう

生田斗真をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ