出張先のホテルで憧れの上司と...社内恋愛カップルのキスシーンに小森隼悶絶「もうたまらない!」

9月27日(日)15時0分 ABEMA TIMES

 9月26日、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss On The Bed〜』act.1が放送され、上司と部下の恋愛ドラマに注目が集まった。

▶︎動画:出張先のホテルで憧れの上司と…社内恋愛カップルのキスシーン

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の番組だ。スタジオMCを渡辺直美、あ〜ちゃん(Perfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、糸原美波(以下:みなみ/24歳)、江野沢愛美(以下:まなみ/23歳)、才川コージ(以下:コージ/25歳)、坂口風詩(以下:ふうた/20歳)、新田さちか(以下:さちか/21歳)、北條慶(以下:けい/22歳)、森田桐矢(以下:トウヤ/23歳)、若林拓也(たくや/23歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずベッドの上でのキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 第1話のドラマは、出張先のホテルで同じ部屋で寝ることになってしまった上司と部下の恋物語。

 天然な部下・みなみは、出張先で自分の部屋の予約をし忘れてしまい、上司・コージに同じ部屋に泊めてもらうよう頼みこむ。コージは仕方なくみなみと同じベッドで寝ることにするが、なかなか寝付けず。部屋を出ていこうとする。

 「ですよね…嫌ですよね」と落ち込むみなみに、コージは隠してきたみなみへの想いを告白。コージの気持ちを知ったみなみは「わたし、嘘つきました。今日部屋とらなかったの、わざとなんです。いつもは天然だけど、わたしなりに勝負してみようって」と実は部屋を取らなかったのは計算で、自分もコージへ気持ちがあることを明かす。

 お互いの気持ちを知ったふたりは抱き合いキス。そのままベッドへ倒れこみ、何度も唇を重ね合う。

 ラストにはみなみが「電気、消してもいいですか?」と電気を消そうとするが、間違えてつけてしまうという天然っぷりを発揮。ふたりは笑い合い、「そういう天然なところも好き」と再びキスをするのだった。

 そんなドラマの内容に、スタジオの小森は終始声をあげており、「やばい!最高!」「めちゃくちゃ好きでしたよ」「いい、すごくいい!大好き」と大絶賛。とくに電気をつけてしまうシーンに「あんなのとかもうたまらない!」「何してん!っていうのがたまんない」と、みなみ演じる天然女子にゾッコンの様子だった。

ABEMA TIMES

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ