保阪尚希、俳優全盛期の芸能界生き残り戦略から見える“通販王”の萌芽

9月27日(月)10時15分 アサジョ

 俳優の保阪尚希が9月18日、ラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)にゲスト出演。長く芸能界で生き残ってきた秘訣を通販商品にたとえて語った。

 自身でプロデュースした健康グッズや健康食品などで10億円とも言われる年商を誇る“通販王”としても知られている保阪。ゲストコーナーに登場すると「芸能界と通販は似ている」と語り、どちらも“席取りゲーム”であると断言。保阪曰く「すごくいいパパ像の人が1人いたら、“1枠”なんですよ。その1がすべてのCMをかっさらい、すべての番組を取る」という。そのため、その枠を狙う場合「こいつをどうやって落とすかって商品開発をしないといけない」と自らを“商品”にたとえて説明した。

 実際に保阪が取った作戦は「嫌な奴」イメージ。「ドラマに出る時はちょっと怖くて、大体エリート上がりでなんかの官僚とか医者をやってて、なんかすごい超高層マンションとかに住んでて、ワイン転がしながら赤いソファに女を押し倒すみたいな役」だったといい、映画になると「もっと悪い殺人鬼」なども演じていたという。

 保阪は「この2つって、(ほかの売れている役者は)あまりやらないんですよ。何でかといったら、我々の芸能の仕事ってCMを取りに行く仕事だから。スポンサー取りに行ってなんぼなんですよ」と説明。保阪はそこに空いている“枠”があると見抜き、「ということは、穴なんですよね。僕、若い頃から“ここ”しかやらないんですよ」と明かした。

 その結果、「嫌な奴」イメージを確立させながらも「なぜかここは同居したんですよね。普通はスポンサーは嫌うのに」とバラエティやCMの仕事も来るようになったのだという。ほかにも保阪は女性スキャンダルも多かったことにも触れつつ、若い頃を振り返って「5本くらいのキャラが共存している不思議な人だったんです」と明かした。

 ネットでは《確かに悪役のイメージが強い》《戦略的にダーク路線を選ぶ人は賢いと思う。今で言うと菜々緒》《「家なき子」で優しそうな熱血先生だと思ってたら実は悪い奴だった人か》など、保阪の意見に納得の声が続出した。

「保阪は過去にも似たような話を披露したことがあります。18年に出演したバラエティ『イッテンモノ』(テレビ朝日系)では、ドラマ『このこ誰の子?』(フジテレビ系)で主役を演じたことがあるため、ほかのドラマで脇役を演じたとしてもギャラのランクを維持したままになるため高い利益率を確保しつつ、掛け持ちもできたことを明かしました。全盛期では1クールで6本を掛け持ちし、バイクタクシーで移動することも多かったとか。さらに明るい役は飽きられやすく、悪役のほうが生き残りやすいと語るなど、戦略的に仕事を選んでいた様子がうかがえます」(芸能記者)

 生き残り戦略だけでなく利益率まで考えていた保阪。さすが年商10億を稼ぐだけのことはあるだろう。

(柏原廉)

アサジョ

「通販」をもっと詳しく

「通販」のニュース

「通販」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ