けもフレ? 君の名は? 待望の『おそ松さん』2期・第1話を妄想してみた

9月27日(水)6時20分 クランクイン!

けもフレ? 君の名は。? 待望の『おそ松さん』2期・第1話を妄想してみた(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

写真を拡大

 人気アニメ『おそ松さん』の2期がいよいよスタートする。前期が女性ファンを中心に社会現象といえるほどの白熱ぶりをみせたのも、記憶に新しい。プロットや話のつながりがあるようでないようなシナリオ、やりたい放題のはちゃめちゃな展開もこの作品ならではだが、やり過ぎるがあまり前期の第1話がお蔵入りになったのも周知のところ。そこで、2期の第1話がどんな展開になるのかを妄想してみた。 さて、ここで少しアニメ『おそ松さん』を改めて紹介しておきたい。そもそもは赤塚不二夫生誕80周年を記念して作られたこの作品。名作ギャグ漫画『おそ松くん』が原作であるのはタイトルのとおりで、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松という松野家の大人になった“ニート”の6つ子たちが、時には金に、時には女の子に、時には己のあらゆる欲望に目をくらませながらドタバタ劇を繰り広げるコメディである。

 冒頭、1期の第1話がお蔵入りになったと伝えたが、その内容もここで少し振り返っておきたい。「復活! おそ松さん」と題されたこの話では、かつての『おそ松くん』を思わせるモノクロの画面からスタートした。

 しかしその後、おそ松の「いい作戦がある」というひとことをきっかけに舞台は一変して現代へ。ビジュアル8頭身の“イケメン”に変化したかと思えば、放送当時の2015年からすでに人気を博していた『うたの☆プリンスさまっ♪』『ハイキュー!!』『弱虫ペダル』といった女性ファンからの支持が厚い作品、ひいては『ラブライブ!』などの人気作品を彷彿…するしかない(!?)パロディネタをこれでもかとぶち込んできた。

 それが災いしたのか否かは不明ながら、やがてブルーレイ&DVD化された際には、1期の第1話は製作委員会の判断により未収録となったいきさつがある。 そこでやはり疑問に浮かんでくるのは、まもなく始まる2期の第1話で何をやらかしてくれるのかということだ。流行りモノに堂々と乗っかり、挙句の果てにはチャンネルを変えてすぐの人たちが“誤解”しかねないほどのパロディもみどころの作品だけあって、今から胸騒ぎがしてやまない。

 直近の流行作でいえば、やはり期待したいのは『けものフレンズ』に扮する6つ子たちを妄想したい。展開は、広大なサバンナを駆け巡るという設定だ。“サーバル松”なんていう響きは想像にたやすく、それぞれのキャラにイメージカラーが振り分けられているのも前期の第1話にあった『うたの☆プリンスさまっ♪』風パロディと、どうしても結びついてやまない。

 また、話題の作品で忘れてはならないのが、新海誠監督による映画『君の名は。』である。ベタすぎる展開ながら、おそ松とトド松あたりが、「もしかして……」「入れ替わってる〜!?」なんて、瀧と三葉よろしくかけ合いを見せるのも容易に想像が付くだろう。

 さて、いくら語ったところで妄想は尽きないわけだが、10月2日からいよいよ『おそ松さん』の2期が開始される。どうせやらかすなら、とことんやらかしてくれるというのもこの作品の魅力。HDDの容量を空けつつ、第1話の放送を今から待望んでならない。(文:青山悠)

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おそ松さんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ