芸能人バキ化計画クライマックス 第7弾は「YES」高須克弥院長

9月26日(木)23時0分 クランクイン!

 9月26日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜22時)で、「芸能人バキ化プロジェクト」の第7弾として、高須クリニック院長の高須克弥が「バキ化」し、そのビジュアルが公開された。 この企画は、『ダウンタウンDX』という番組を、芸能人が持てるトークの“力”と“技”を真剣にぶつけ合う「話術闘技場(=トークバトル・コロッセオ)」と見立て、番組に出演するさまざまなゲスト芸能人が、闘技場に君臨する最強の巨人・ダウンタウンの2人にトークの力で闘いに挑んでいく姿を、板垣恵介の人気格闘漫画『バキ』シリーズの世界観で描いていくもの。7月のプロジェクト始動以来、第1弾で出川哲朗、第2弾で元サッカー日本女子代表・丸山桂里子、第3弾でお笑いコンビ・ガンバレルーヤの2人、第4弾でお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二、第5弾ではSKE48須田亜香里、第6弾でIKKOが次々と「バキ化」した。

 第7弾となる今回「バキ化」した高須院長の特徴は、揺るぎない信念と有り余る財力を持ち、自らのトークによる炎上さえも楽しむ美容整形の第一人者で、骨延長手術でドバイの超高層ビルと同程度(約800メートル)まで身長を伸ばす事に成功したというもの。バキ化した高須院長には「返事は『YES』、だろう?」というキャッチコピーが添えられている。

 なお、本企画は今回の高須院長のバキ化を持って、いったん区切りとなるが、近日中に都内で大規模なPR展開を予定しているとのこと。最新情報については「芸能人バキ化プロジェクト」ホームページと公式ツイッターで発信される。

クランクイン!

「芸能人」をもっと詳しく

「芸能人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ