ガンホーが贈るアプリ『ディバインゲート零』12月11日をもってサービス終了 2016年にはアニメ化も

9月27日(木)13時30分 にじめん





『パズドラ』などを手掛ける「ガンホー」は、アプリ『ディバインゲート零』のサービスを2018年12月11日をもって終了することを発表しました。

2013年9月30日に『ディバインゲート』としてAndoroid版、同年10月10日にiOS版のサービスを開始。

2017年9月26日より新たな物語となる『ディバインゲート零』へのリニューアルを実施していましたが、Andoroid版のサービス開始から約5年3ヶ月でのサービス終了となります。



『ディバインゲート零』とは、パネルを組み合わせ敵と戦うバトルシステムが特徴のアプリゲーム。2016年にはテレビアニメ化もされました。

公式サイトでは「サービス終了まで各種イベントの実施を予定しておりますので、最後まで『ディバインゲート零』をお楽しみくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」と報告されています。

また、感謝の意を込めて図鑑アプリ『ディバインゲート エンサイクロペディア』の配信準備を進めているとのこと。

続報は改めて発表されるそうです。

『ディバインゲート零』
公式サイト:https://divine.gungho.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/divine_gate

© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

関連記事
最近リリースされるアプリって多すぎる?

男性よりも女性の方がスマホゲームに課金しがち?その理由って?

にじめん

「ガンホー」をもっと詳しく

「ガンホー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ