鬼滅声優の“プライベート報道”にオタク発狂! 声優のテレビ出演はどうなる?

9月28日(火)10時33分 まいじつ


(C)airdone / Shutterstock 



タレントの声優起用を「声優の仕事を奪うな」と叩きまくる一方、声優の音楽活動・バラエティー進出には拍手喝采を送ることでおなじみの声優オタク。辞書で「二枚舌」と引いた時に「類語:声優オタク」と出る日も近い彼らが、またも得意のダブルスタンダードを発揮している。


【関連】不倫声優・鈴木達央の存在を抹消!? 戦隊シリーズ総集編に「高等テクニック」ほか


コトの発端は、見ていなければ日本人扱いされないアニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役にして、『三四郎小宮浩信に激似なことでも知られる声優・花江夏樹についての報道だった。同アニメの劇場版『無限列車編』は日本史上最高映画としておなじみであり、9月25日の地上波初放送ではSNSも大沸騰。9月27日、とあるスポーツ誌はこうした「鬼滅」の快進撃で絶好調の花江に迫る記事を配信し、その中で〝元アイドル〟である花江の妻に言及した。


「花江は双子の女児に恵まれ、育児を理由にレギュラー番組を卒業するなど家庭円満。その裏には、多忙な花江を献身的に支える妻の健気な努力があると、スポーツ誌はいわば〝美談〟〝上げ記事〟として妻のエピソードを配信しました」(芸能ライター)


何とも微笑ましい記事だが、声優オタクはこれに激怒する。なんでも、声優の私生活を明かすことはキャラクターのイメージをも壊しかねないため、報道するべきではないと言うのだ。


イメージを壊すのは声優のバラエティー出演も同じでは?


実際、ネット上には



《何でもかんでも情報流さない方がいいのでは? 特に、声優さんとかキャラクターのイメージもあるので、そっとしておいて欲しいです》
《声優の顔やプライバシーを明かすのはやめて欲しい。着ぐるみの中の人を明かしてしまうようなもんだと思う》
《個人的には声優さんのプライベートあまり知りたくないし、できれば顔出しもやめてほしい》
《声優さんには命を吹き込んでいるキャラクターと言うものがあって、声が大事なわけなんですよ。そしてキャラのその向こうにいる声優さんに恋したりする人もいるんですよ。「キャラの声を聴くと本人のイメージがちらつくからアニメ観れない」ってなった人多かったでしょう? それくらい繊細なことなんですよ》



といった声が並ぶ。しかしこれを言うのであれば、真っ先に槍玉に上がるべきは声優のバラエティー進出だろう。


「この1年、TV界では声優のバラエティー出演が当たり前になり、SNSでは放送の度に関連語句がトレンドに入るなど盛況を見せています。彼らがよく行うのは、ドッキリや私生活のトーク披露といった、声を当てているキャラクターのイメージを壊しかねないもの。イメージ云々言うのであれば、まずバラエティー出演を悪しき風習として潰さねばなりませんね。しかし、トレンド入りしている現状を見るにオタクも出演は喜んでいるようで、『イメージを壊すから〜』というのは都合のいいポジショントークであることが分かります」(民放キー局関係者)


きちんとした〝棲み分け〟をするのは大いに結構だが、それを唱える声優オタクが自ら破るとは…。


まいじつ

「鬼滅の刃」をもっと詳しく

「鬼滅の刃」のニュース

「鬼滅の刃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ