天海祐希、主演作1年延期もプラスに「お届けすることができて幸せ」

9月28日(火)16時27分 オリコン

主演作1年延期もプラスに捉えた天海祐希 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優の天海祐希(54)、草笛光子(87)、新川優愛(27)、俳優の毒蝮三太夫(85)が28日、浅草・今戸神社で行われた映画『老後の資金がありません!』(10月30日公開)大ヒット祈願イベントに登壇した。

 本作は、2011年に刊行された垣谷美雨の同名小説(中公文庫)が原作。天海演じる、どこにでもいる普通の主婦が、親の葬式、子どもの派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居…あらゆるお金の災難が立て続けに襲ってくる中、悩みもがき奮闘しながらも逆境に立ち向かうストーリー。

 もともとの公開日は、昨年9月18日を予定していたが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、約1年延期となった本作。天海は「ぜひ大きなスクリーンで見ていただけたらと思っていたので、1年待ちましょうと。その分、知ってもらえる機会が増え、こうしてみなさんにお届けすることができて幸せです」とプラスに捉えた。

 また、老後の過ごし方について聞かれると、天海は「いつから老後って自分で決めていいですよね? 今が老後と決めるまで、走り続けたいです。(老後の)準備しておくことは大事だと思いますが、すてきな先輩方がいらっしゃるのでお手本にしていきたいなと思いました」とまだまだ全力で駆け抜けていくと誓った。

オリコン

「天海祐希」をもっと詳しく

「天海祐希」のニュース

「天海祐希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ