映画史に残る名作の正統な続編! SFアクション超大作 『ターミネーター:ニュー・フェイト』がdTVで配信スタート!

9月28日(火)18時30分 Rooftop


1991年に公開され、あの有名なラストシーンで知られる名作『ターミネーター2』。そのキャスト&スタッフが再集結し、28年越しに実現した続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』がdTVで配信スタート。『ターミネーター』『ターミネーター2』を生み出したジェームズ・キャメロンがプロデューサーとなり、『デッドプール』のティム・ミラー監督を迎えて制作された今作。

キャメロンの復帰により、『ターミネーター2』に繋がる要素が満載の続編が誕生。なんといっても、大きな話題になったのが、リンダ・ハミルトンがサラ・コナー役を再演したこと堂々たる存在感で銃火器を構え、ド派手なアクションに挑む勇姿は必見。そして、T-800を演じるのはもちろんアーノルド・シュワルツェネッガー。老いた姿で登場するT-800の謎と、サラとの関係が物語のキーポイントになっていく。

ストーリーは、人類滅亡の「審判の日」を回避した世界。メキシコシティで父と弟と暮らしていたダニーのもとに、未来から来たという女性戦士・グレースが現れ、「あなたを守るのが任務」と告げる。その言葉どおり、最新型ターミネーター・REV-9が現れてダニーを襲撃。その危機を救ったのが、サラ・コナー。ダニーとグレース、サラの3人がREV-9の追跡をかわしながら向かった、唯一の手がかりであるテキサスの住所にいたのがT-800。世代を超えた最強チームと、新型ターミネーターのバトルが幕をあける。

『ターミネーター2』でロバート・パトリックが演じたT1000型の執拗さを彷彿させつつ、史上最恐の強さと機能を持つREV-9との死闘は見応え抜群。サラはもちろん、グレース役のマッケンジー・デイヴィスが披露するキレキレのアクションや、ダニー役のナタリア・レイエスのフレッシュな魅力も光り、クールで強い女性キャラクターが目白押し。dTVでは、『ターミネーター2』をはじめ、『ターミネーター4』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』などのシリーズ作品も配信中。過去作のファンも、まだ観たことがない人も、ぜひdTVで名シリーズの世界を堪能してみてはいかがだろう。

ターミネーター:ニュー・フェイト

SFアクション『ターミネーター2』の続編。人々が未来のためにターミネーターに立ち向かう様を描く。メキシコシティの自動車工場で働くダニー(ナタリア・レイエス)はある日、未来から来たターミネーターのREV-9(ガブリエル・ルナ)に襲われる。強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われるが、REV-9が再び彼女たちに襲い掛かる。逃げ惑う二人の前にサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。
作品URL:https://bit.ly/3zLc6lA

(C) 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

<dTVサービスサイト>
■https://video.dmkt-sp.jp/


Rooftop

「ターミネーター」をもっと詳しく

「ターミネーター」のニュース

「ターミネーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ