「私も心の中で『えー!!』って」「息子は当日まで教えてくれない」小室佳代さんが吐露した本当の親子仲

9月29日(水)7時0分 文春オンライン

「二年ほど前には周りの人たちに『さようなら』と別れを告げて、いなくなろうとしていたんです。中には『ちょっと待ちなさい! 悔しくないの⁉』と励ましてくださる方もいました。でも『一生このまま状況が変わらないなら、もういいかな』って考えるようになってしまって」  


 その人は声を絞り出すようにして、つらい心情を吐露した——。


 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)が、2017年9月に婚約内定の会見を開いてから約4年。この間、絶え間ないバッシング報道を浴び、記者やカメラマンに追われる日々を送りながらも沈黙を保ってきた圭さんの母・小室佳代さん(54)に、「週刊文春WOMAN」は約1年にわたって取材を重ねてきた。


 9月27日に小室圭さんが米ニューヨークから一時帰国。10月中に眞子さまと結婚する見通しだ。その日を待ちながら、佳代さんはこの4年間、何を思ってきたのか。


「週刊文春WOMAN」2021夏号掲載の「《小室佳代さん「密着取材」一年》小誌記者に語った『息子の子育て、金銭トラブル、眞子さまへの尊敬』」を特別に全文公開する(初出:2021年6月22日)。(前後編の前編/ 後編 を読む)


◆ ◆ ◆


文書には「私も心の中で『えー!!』ってビックリ」


 3度目の緊急事態宣言で人出が減った東京。だが、その洋菓子店は客が列をなし、いつもと変わらず繁盛していた。5月某日、午後5時を回り空が茜色に染まり始めると、一人の女性が店のバックヤードから姿を現した。麦わら帽子を目深に被り、マスクを着けているため一瞬誰だか判別がつかない。だが近づいて顔を覗き込むと、それが小室佳代さん(54)であることが分かる。


 青色のワンピースを着て、首元にはグレーのスカーフを巻いている。辺りを警戒しながら歩く様子は、これまで幾度となくマスコミに撮られてきた姿だ。ただ、この日はいつもと違って片足を引きずりながら、どこか辛そうにしている。



2017年9月3日、婚約内定会見の日の佳代さん


─ご苦労様です。


 そう声をかけると、佳代さんは申し訳なさそうに顔を歪めて返事をした。


「すみません。今日、実はこれから病院に行かなければいけなくて。あまりお話しできないんです」


─大丈夫ですか?


「4月の上旬に手術を受けて入院していまして。詳しくは言えないんですが、つい先週に抜糸をしたばかりで、まだちょっと体調が良くないんです……。本当は2週間の予定でしたが傷のアガリが悪く、1ヵ月近く入院することになって。その間、お店もお休みしていました」


─長期入院していたとの報道があった。


「宮内庁病院じゃないですよ……(苦笑)。そんな噂が出回っているみたいですが。それに息子が出した文書への批判にショックを受けて、入院したみたいにも言われているそうですが、もっと前から手術はする予定だったんです」


─圭さんが発表した金銭トラブルの説明文書で世間は大騒ぎになっている。


「たしか文書が発表された4月8日が手術じゃなかったかな……。まだ私はICUの中にいたと思うんです。麻酔で意識が朦朧としているときに、病院の人から『なんか文書が出てすごい騒ぎですよ!』と言われて。私も心の中で『えー!!』ってビックリしたことを覚えています」


─佳代さんは文書が出ることは知らなかった?


「いつ出るか、息子は当日になるまで教えてくれないんですよ……。これまでもそうでした。あの子は何か、そういうところがあるんですよね。お店には入院前に『何もないので大丈夫だと思いますよ』と言っていたので、かえってご迷惑をかけちゃって。後日、お店の方々には『申し訳ありませんでした』と謝りました」


─圭さんから連絡は?


「5月9日前後に全然、関係ないことで電話をしました。私が『そういえば、日本では“母の日”なのよ』と言ったら、何を思ったのか『おめでとう』って。それくらいですね」


 小室圭さん(29)が、母・佳代さんと元婚約者X氏との金銭トラブルについて28枚の説明文書を発表したのが4月8日。その4日後に解決金を支払う意向があると明かしたが、X氏は「週刊現代」誌上で「受け取るつもりはない」とコメント。マスコミによる報道は一気に過熱し、世間にも非難の嵐が吹き荒れた。


 冒頭の会話は、その約1ヵ月後に小誌と佳代さんが交わしたものだ。


 振り返れば、2017年12月に「週刊女性」が金銭トラブルを報じてから、早くも3年半が経つ。しかし、眞子さま(29)との結婚は一向に実現する兆しがない。この間も膨大な量の報道がなされ、ネットは無数の書き込みで溢れ返った。とくに佳代さんの動向は息子の圭さん以上に注目を集め、その反応の多くが猛烈な批判だったと言える。


〈小室佳代さん 日本脱出で「NYセレブに!」〉〈謎の人生〉〈偽・清貧生活の姑息〉〈“意味深”笑顔〉〈金満潜伏を支える「恋人の存在」〉〈小室ママの“脱法指南メール”〉……など。


記者が子どもの話をすると、突如、歩みを止めて振り向いた


 しかし、佳代さんが自身の口から、事の経緯や心境をマスコミに語ったことは一度もない。17年9月、婚約内定が発表された日に短い文書コメントを出して以来、実に4年もの間、沈黙を続けていることになる。


 小室佳代とは一体どんな人物なのか─。イメージばかりが独り歩きする彼女の実像を知るべく、小誌はこの1年にわたって交流を重ねてきた。その多くが他愛もない雑談だったが、時に佳代さんのイメージを覆すような発言もあった。



 最初の頃は、取材依頼の手紙を出しても梨の礫。帰宅時を狙って声をかけても、「申し訳ありません」「ご苦労様です」と言うばかりで決して応じようとはしない。時に記者の方に顔を向けても、佳代さんの瞳には怯えと嫌悪の感情が宿り、すぐにかぶりを振って足早に去っていくのだった。


 だが、接触を試みて3ヵ月余りが経った昨年9月頃。


 その日も隣を歩きながら、取材依頼のために話しかけるが、佳代さんは警戒を解くことなく、頑として無言を貫く。あの手この手を尽くし、今度は少しでも相手の興味を惹こうと、その場の思い付きで、記者が自分の素性や経歴を話そうと試みた時だった─。住まい、出身、年齢などを一方的に語りかける。幼い子供がいることも伝えると、突如、佳代さんは歩みを止めて、こちらを振り向いた。


「男の子ですか? 女の子ですか?」


 意外な問いかけに驚いたが、すぐさま男の子であることを告げると、「かわいいですよね」と、これまで見たことのない笑顔を浮かべたのだった。


 佳代さんの夫・敏勝さんは今から20年ほど前に他界している。当時10歳の幼き圭さんを抱え、女手一つで育ててきたという過去が思い出されたのだろうか。


 一瞬のやり取りではあったが、この日を境に佳代さんの態度は少しずつ軟化していった。こちらの話に「ええ」「そうなんですね」などと頷き、反応を示すようになったのだ。


雨が降っている中、訪ねると「傘はお持ちですか?」


 ある日は、雨が降っている中を訪ねると「傘はお持ちですか!? 私、お店のロッカーに折り畳み傘があるのでお持ちしますよ」と気遣いを見せる場面もあった。


 それでも、会話らしい会話をするようになったのは、12月に入ってからだ。


 冬の寒い中、その日、勤務を終えた佳代さんは、真っ白なダウンコートに黒のブーツという出で立ち。手には白い革に黒色のラインが入ったバッグを持っている。


「すみません、今日はちょっと買い物をしなくてはいけなくて」


 そう言って、近くのスーパーに足早に入っていく。買い物を終えてしばらく一緒に歩いていると、再び別のスーパーの野菜売り場の前で立ち止まり、


「トレビスが39円! 安いですね」


─紫キャベツのようなものですか?


「えっと、どちらかというとレタスに近いですかね。39円は安いです。こっちのほうれん草も99円で安いですね。でも、あんまり買うと荷物がいっぱいになっちゃいますものね」


─記事に佳代さんが買い物をしている姿が載っていたこともある。


「この前も、撮られてしまったみたいです。『大根とアジとコロッケを買った』なんて細かく書いてあって。見られていたんですね。でも、夕飯の材料なので買わないと仕方がないんです。最近もアイスクリームを買っちゃったので、『冬なのにアイス!』なんて書かれないか心配になりました」


 同じ時期、皇室では11月13日に眞子さまが文書で〈結婚は私たちにとって生きていくために必要な選択〉とのお気持ちを公表。その2週間後の30日には秋篠宮が誕生日会見で〈結婚を認める〉〈(小室さんは)相応の対応を見える形で〉などと発言し、その解釈をめぐって世間では議論が巻き起っていた。


 そんな状況でも、佳代さんは目の前の生活に追われていたようだ。年末も洋菓子店の勤務が忙しく朝から晩まで働き、夕飯の材料を買っては、80代の実父が待つ家に帰宅するという日課を繰り返していた。


「私が40歳で今のお店に勤務するようになって、ちょうど今年で15年になります。毎日お仕事は大変で、とくに年末の大晦日にかけてがピークなんです。でも職場の人間関係はとても良いんですよ。皆さん和やかで、和やかで。悪い人は誰もいないというくらい。ついこの前も新しく入った方が『ここは天国みたい。みんな良い人ばかりで』なんて言っていました」


─パートとして勤めている?


「記事ではそう書かれたみたいですが、実は正社員なんです。別にどう書かれても良いですけどね……。今の社員の中では、一番長く勤めていると思います」


─以前、お店でチョコレートパフェを食べたことがある。


「そうですか!? ありがとうございます。ちなみに私の一番のお薦めは『ダミエ』というお菓子です。バターケーキをチョコレートでコーティングしている。1952年の創業当初から売っているんですよ」


亡き夫から言われていた息子への教育方針


 それからも足繁く佳代さんのもとに通った。コロナ禍の現状について話すことも多く、同居している高齢の実父が感染しないか、このまま感染者数が増え続けるのか、東京オリンピックの開催やワクチン接種はどうなるのか、など気にしているようだった。


 逆に佳代さんから、


「お坊ちゃんは元気ですか?」


 と聞かれることもあった。記者が子供のことを話すと、決まって「かわいいですね!」と嬉しそうな反応を示す。そして、自身の経験談として、圭さんの子育てについて教えてくれるのだった。


「うちの子は小さい頃は大人しくて、公園に行ってもバババッと走ったりしないし、みんながワーッと遊んでいても、何か黙々と一人お砂場でお城を作るような感じでした。


 私は『勉強しなさい!』と叱ったことは一度もないんです。亡くなった主人からは常々『男の子には絶対に「やれ」と言ってはダメだよ』と言われていました。『必ず自分でハッと気づく時が来るから、その時まで待っていないと駄目だよ。潰れるよ』って。だから、私はむしろあの子にはよく『遊ぼうよ』って誘っていましたね(笑)。


 高校の時でしょうか、息子が『悪いんだけどさ、次のテストで90点以上取ったら、好きな物食べたい』と言い出したんです。私も軽い気持ちで『良いわよ』と言ったら、『90点以上ならお寿司、80点以上なら何々』って勝手に決めちゃって。


 そうしたら本当に90点以上取ったので、私も思わず『うわっ』と。約束したことを後悔しましたね。でも『後にも先にもこの1回ね』と言いました。だってテストは彼の問題であって、私の問題ではないですからね」


 佳代さんと圭さんについては、〈一卵性母子〉や〈佳代さんの操り人形〉などと、2人の母子密着ぶりを報じられることが多かった。


「『マザコン』『教育ママ』だなんて書かれたりもしましたよね。50年以上生きてきて、初めて言われました。どこかの記事には私が『うちの息子はバイオリンの天才です』と吹聴していたなんて書かれていましたけど、あの子、全然下手ですからね(笑)。


 息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました。私の意見は『あなただったら、どうする?』みたいに、時々参考程度に聞くくらいで。基本的には『僕も頑張るから、あなたも頑張って』という感じなんですよね」


─圭さんとは頻繁に連絡を取っている?


「18年に米国留学してからは、それほど連絡は取っていません。このコロナ禍で、いつ帰ってくるのかも分からない。お店の休憩室にテレビがあるんですが、たまたま現地にいる息子が画面に映っていて、『ああ、元気にしているんだな』と思ったくらいです」


 仕事や息子については笑顔を交えて話す。だが、記者が肝心の結婚問題の話を切り出すと一転、佳代さんの表情は曇り始める。本来であれば、今頃、圭さんと眞子さまは結婚しているはずだった─。この3年半の苦労が一気に甦るのか、「書かれては困ります」と決して多くを語ろうとしない。ただ、ごくわずかではあるが、日によっては、つらい心情を吐露してくれることもあった。


写真:小学館(撮影:関谷知幸)、JMPA、宮内庁、共同通信イメージズ

「それでも受け入れてくださって」「同じ女性として大尊敬」小室佳代さんが眞子さまへの想いを語った日 へ続く


(「週刊文春WOMAN」編集部/週刊文春WOMAN 2021年 夏号)

文春オンライン

「吐露」をもっと詳しく

「吐露」のニュース

「吐露」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ