謎多き“ビーイング創始者”長戸大幸氏が肉声発信へ

9月29日(火)13時18分 ナリナリドットコム

B'zや倉木麻衣、大黒摩季らを擁するビーインググループの創始者で、数々のヒット作品を生み出している音楽プロデューサー・長戸大幸氏が、フォークシンガーのばんばひろふみとタッグを組み、ラジオ番組をスタートさせることがわかった。

これは長戸氏の出身地である、滋賀県のエフエム滋賀で始まる新ラジオ番組「OLDIES GOODIES」(10月3日スタート/毎週土曜日 昼12時〜12時55分)。

2人の圧倒的な音楽知識と豊富な経験で奥行あるトークを展開。1950年代〜70年代の洋楽、多くのアーティストがカバーする大ヒット曲、ここでしか聴けない激レア音源など、オールディーズの魅力を現代にたっぷりと伝えていく音楽番組だ。

長戸氏はメディアへの露出が極端に無く、現在まで多くの謎に包まれていた存在。それだけに、肉声が電波に乗ってリスナーに届けられるのは、かなり貴重な機会となる。

長戸氏は1960年代末からミュージシャンとして活動し、1978年に音楽制作会社ビーイングを設立。LOUDNESS、BOOWY、TUBE、B'z、B.B.クィーンズ、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、倉木麻衣など数々のアーティストをプロデュースし、ミリオンヒット曲を生み出すJ-POPを象徴する一大勢力となる。現在は大阪を拠点として新たな音楽シーンを作り出すべく、アーティストのプロデュースを積極的に行なっている。

ナリナリドットコム

「ラジオ」をもっと詳しく

「ラジオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ