有吉弘行、伝説の“怪物”と対峙 キンプリなど3000曲手掛けた“天才”の素顔に迫る

9月29日(水)6時0分 オリコン

29日放送『有吉×怪物』に出演する有吉弘行 (C)日本テレビ

写真を拡大

 タレントの有吉弘行がMCを務める、29日放送の日本テレビ系バラエティー『有吉×怪物』(後 9:00)。一般的にはあまり知られていないが、その業界では伝説的に語り継がれる“怪物たち”を徹底取材する。さまざまな証言をもとに怪物の正体に迫る同番組では、スタジオで有吉と怪物が対峙(たいじ)。その時、何が起きるのか。パネラーには指原莉乃博多大吉バカリズム大久保佳代子、友近。ナレーションを俳優・松重豊が務める。

 まずはハリウッド俳優トム・クルーズをしのぐ怪物アクター。共演者が口をそろえて「化け物」と恐れる怪物俳優に、トム・クルーズの共演者は「怪物性ではトム・クルーズを超えている」と証言。さらに「四つんばいでチーターのように歩いていた」「目の前にいたはずの怪物が0.5秒後には後ろにいた」などなど、にわかには信じがたいエピソードが次々飛び出す。そんな怪物の正体とは…。

 また日本の音楽シーンを代表するアーティストが天才と崇める怪物編曲家。編曲家とは、作曲家が作ったメロディーに伴奏・イントロ・間奏などを付ける仕事。怪物が手掛けた楽曲は、沢田研二からKing & Princeまで、40年で優に3000曲を超え、そのどれもがイントロを聴いただけで口ずさめる名曲ばかり。時代を先取りし、アイドルソングを最先端の音楽へと昇華させた“天才”の素顔とは。

 そしてマンガの神様・手塚治虫を嫉妬させた怪物アニメーターも登場。同じアニメーターで『機動戦士ガンダム』の総作画監督を務めた安彦良和氏は、怪物の作品を初めて見たときの衝撃が今も忘れられないと言う。「これが同じアニメーションか?って思いましたね。俺がやってることはなんだったんだろう…と。打ちのめされました。手塚治虫さんが嫉妬なさるくらいだった」。アニメ界に衝撃を与えた怪物の作品は、世界中のアニメーターが絶賛し、東洋のディズニーとも称された。そんな怪物の代表作を共に制作した人物が明かす、怪物の衝撃の過去とは…。今回、6人の怪物を徹底追跡。関係者たちの証言でその正体に迫る。果たして、スタジオに怪物は現れるのか。

オリコン

「有吉弘行」をもっと詳しく

「有吉弘行」のニュース

「有吉弘行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ