三宅裕司と柄本明が語る「夫婦の話」が話題 「ゼルダの伝説で…」

9月29日(日)19時1分 しらべぇ

手をつなぐ(jacoblund/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

29日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、三宅裕司柄本明が語った「妻とのエピソード」が話題だ。


■三宅妻のエピソードを披露

この日は「劇団主宰者繋がり」ということで、東京乾電池・柄本明、劇団東京ヴォードヴィルショー・佐藤B作、劇団SET・三宅裕司の3人が対談する。

思い出を語り盛り上がる中、「妻に感謝すること」という話に。三宅裕司は、妻が天然であることを明かし、ホテルを予約する際、「ベッドインは何時ですか?」と聞いてしまったエピソードを披露。

また、妻が自宅で料理教室を開いており、三宅が知らずにパジャマで降りていったところ、「あそこが立っているのが主人です」と紹介したそう。とにかく天然で、ネタの宝庫とのこと。


関連記事:柄本明、亡き妻・角替和枝の意外な一面を語る 「お前は『ゼルダの伝説』から何を学んだ」

■柄本明も思い出話を

これを聞いた柄本明は「うちのもね、去年残念ながら亡くなったんだけど、ちょっと天然だったんだ」と、妻で女優の角替和枝さんを回想する。そして、

「ゲームが好きだった。そんで、『お前たちはゼルダの伝説で一体何を学んだんだ。諦めない心だろ』と、そういうふうなことを言う」


と話す。さらに、

「『ちかいの魔球』って漫画なかった?。消える魔球とか、タマタマボールとか。『あのさ、これはさ王貞治は打てるよね』っていうんですよ。『この球は王貞治なら打てる』そんなことを言う人でした」


と振り返り、はにかんだ。

■称賛の声

三宅裕司・柄本明両者が語った妻とのエピソードに、笑いや称賛が続出している。


■「いい夫婦」と思っている人は半数以上

妻を想い微笑ましいエピソードを語った三宅裕司と柄本明。そんな彼らの姿に「理想の夫婦像」を思い浮かべた人は多かったようだ。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の10代〜60代の既婚者823名に夫婦仲について聞いた調査では、56.4%が「自分たちはいい夫婦だと思う」と回答している。

高齢になっても妻を愛する三宅裕司と、先立たれたショックを乗り越え、気丈に思い出話を語った柄本明。2人が妻と良好な関係を築いたことは、間違いなさそうだ。


・合わせて読みたい→ノンスタ石田、街中での様子を盗撮されるも 「なんでこれ?」


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の既婚者823名(有効回答数)

しらべぇ

「三宅裕司」をもっと詳しく

「三宅裕司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ