香港発・女性新人監督による感動作『淪落の人』2020年2月公開決定

9月30日(月)17時30分 シネマカフェ

『淪落(りんらく)の人』 NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (C) 2018

写真を拡大

2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包んで大ヒット、現地の映画賞のみならず、第14回大阪アジアン映画際でも観客賞に選ばれた『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、2020年2月1日(土)より公開されることが決定した。

半身不随となり人生に絶望した中年男性と、家族のために夢を諦め出稼ぎ家政婦として働く若いフィリピン人女性。背景も文化も異なる見知らぬ2人が出会い、やがてお互いの人生で最も大切な友になっていく。

人生のどん底にいるとき、人は一体どうやってその先の人生に向き合えばよいのか? 多くの自問や想像・考察を経て作られた本作は、介護問題やフィリピン人女性の出稼ぎ労働者など現在の香港が置かれている状況にスポットをあてつつ、夢や希望を持つことの大切さ、思いやりの心がどれだけ人を支えるかを時にユーモアを交えながら描き出した。

主演は、『インファナル・アフェア』『イップ・マン 最終章』など香港を代表する名優アンソニー・ウォン。なんとウォンは本作の脚本にほれ込み、ノーギャラにて出演。半身不随という難役を見事にこなし、香港電影金像奨をはじめとする数々の賞を受賞した。


また、フィリピン人家政婦役のクリセル・コンサンジは、初々しさの中にも新人とは思えない見事な演技を披露。

監督は、長編映画初監督デビューのオリヴァー・チャン。女性監督の活躍がめざましい香港映画界の中でも、いま最も注目を集める期待の新星が、日本のみならず、世界にも通じる普遍の感動作を届ける。

ストーリー
突然の事故で半身不随となってしまった男、リョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)。妻とは離婚、息子とも離れて暮らし、人生に何の希望も抱けないまま、ただただ日々を過ごしていた。妹ジンイン(セシリア・イップ)との関係もうまくいかず、慰みは唯一の友達である元同僚のファイ(サム・リー)との会話と海外の大学に通う一人息子の成長だけ。

そこに若いフィリピン人女性エヴリン(クリセル・コンサンジ)が住み込み家政婦としてやってくる。広東語が話せない彼女に最初はイライラを募らせたチョンウィンだったが、片言の英語で会話をしながらお互いに情が芽生えていく。やがて、エヴリンが生活のためにやむを得ず写真家への道を諦めたものの、いまでも心の中で夢を追い求めていることを知ったチョンウィンは、彼女の夢を叶える手助けをしようとするが…。

『淪落の人』は2020年2月1日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

シネマカフェ

「香港」をもっと詳しく

「香港」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ