HKT48宮脇咲良&矢吹奈子“IZ*ONE”前の握手会でメンバーが別れの涙

9月30日(日)12時27分 Techinsight

涙する松岡はなをなだめる矢吹奈子と心配する宮脇咲良(画像は『HKT48 2018年9月29日付Twitter「HKT48シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」「早送りカレンダー」Wタイトル合同全国握手会@西日本総合展示場」』のスクリーンショット)

写真を拡大

HKT48が9月29日、北九州市小倉北区にある西日本総合展示場で『10th「キスは待つしかないのでしょうか?」&11th「早送りカレンダー」合同全国握手会』を開催した。アイドルオーディション番組『PRODUCE 48』で誕生した日韓合同のアイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」のメンバーとなった宮脇咲良矢吹奈子も参加していた。

2人は今後2年半、IZ*ONEに専念するためAKB48グループでの活動を休止することが発表されており、IZ*ONEでの活動前に参加できた最後のHKT48シングル握手会だ。

松岡菜摘が「時が経つと変わるものがあるのは仕方ないけど そこに変わらないものもあり続けてほしいと、おもう」「みんなが笑えてたらいいな 2人ともあいしてるよ」とツイートしたのをはじめ、メンバーがそれぞれ2人との記念写真をSNSに投稿している。

そんななか『HKT48(hkt48_official_)ツイッター』で「最後は思わず涙…」と泣き顔の松岡はなをなだめる宮脇と矢吹の姿を公開した。そばで見守る指原莉乃の表情が保護者のようで微笑ましい。

フォロワーからは「立ち会えなかったのが残念だが、行ってこい!! 負けるな博多魂!!」「可愛い子には旅をさせよ、ふと思い出しました」「改めて、いいグループだと思います」とコメントが寄せられ、松岡はなの涙も「これは泣いていいやつや」と共感を呼んでいる。


7月17日からオンエアされた冠バラエティ番組『HKTBINGO! 〜夏、お笑いはじめました〜』(9月25日終了)でコントや一発ギャグに挑戦していっそう絆が深まったものの、続く『HKTBINGO!LIVE』では宮脇・矢吹がIZ*ONEの準備で不参加になり、寂しさを感じさせた。そのタイミングでの握手会とあり、彼女も感極まったのだろう。

ちなみに、9月30日に福岡市で予定されていた大規模な音楽イベント『MUSIC CITY TENJIN 2018』のステージにHKT48が登場するはずだったが、台風24号の影響で中止になった。天候なのでどうしようもないが、宮脇咲良と矢吹奈子も出演メンバーに入っていただけに残念だ。

画像は『HKT48 2018年9月29日付Twitter「HKT48シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」「早送りカレンダー」Wタイトル合同全国握手会@西日本総合展示場」』『松岡はな 2018年9月29日付Twitter「北九州の全国握手会でした」』『松岡菜摘 2018年9月29日付Twitter「みんなが笑えてたらいいな」』のスクリーンショット

Techinsight

「IZ*ONE」をもっと詳しく

トピックス

<
BIGLOBE
トップへ