テレ朝の「次期エース」弘中綾香に忍び寄る“童顔劣化”の恐怖!

10月1日(月)9時59分 アサ芸プラス

 9月17日に「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)を卒業した弘中綾香アナ。これでレギュラー番組は「激レアさんを連れてきた。」の1本のみとなったが、これはむしろ彼女が次期エースとして嘱望されている証拠だという。

「入社わずか半年で『ミュージックステーション』のサブMCに抜擢され、タモリと丁々発止のやり取りを見せてきたことで、彼女の実力は十分に示されました。『激レアさん』では一人で進行役をこなしており、しかも共演のオードリー若林正恭から人気ミュージシャンとの交際をネタにイジられたときは『バカ!』と叫んで若林を叩くというナイスなリアクションを披露。男性視聴者を中心に『オレもバカと罵られたい!』との声が続出したものです。難点は女性受けの悪いところですが、それを補って余りある男性受けの良さは、美人ぞろいの女子アナ界でも随一。10月改変期から弘中アナの姿を観る機会が激増することは間違いありません」(テレビ誌のライター)

 それゆえ10月以降は弘中アナを特番で起用したり、新たなレギュラー番組を持たせることが予想されているようだ。そんな「明るい将来」が期待される弘中アナだが、局側には今のうちにできるだけ出番を与えておきたいという思惑もあるという。その理由について前出のテレビ誌ライターがささやく。

「彼女の魅力は男心をくすぐる童顔と妙に甲高い『ファニーボイス』のコラボにあります。報道番組には不向きですが、バラエティや音楽番組などの柔らかいジャンルにはピッタリでしょう。ところがその童顔が彼女にとってアダになりかねない。というのも、童顔女子は三十路を迎えると急激に劣化するのが相場だからです。実際には劣化ではなく成熟なのですが、その成熟が童顔ならでは初々しい魅力を殺いでしまうのが難点。しかも彼女は早くも6年目の中堅アナで、早生まれなので1年得していますが、東京五輪の2020年度にはもう三十路を迎えます。30歳を超えてから童顔ファニーボイスで売り続けるわけにもいかないでしょうから、彼女のエースアナ君臨はあと2年ほどの短命政権に終わるかもしれません」

 はたしてその愛くるしい童顔をいつまで維持してくれるのか。今や弘中アナは「期待」と「心配」を一身に集めているようだ。

(金田麻有)

アサ芸プラス

「弘中綾香」をもっと詳しく

「弘中綾香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ