『ブラック・ウィドウ』訴訟、スカーレット・ヨハンソンとディズニーが和解 ─ 提訴前後の新事実も判明

10月1日(金)12時45分 THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『ブラック・ウィドウ』(2021)の公開形態をめぐる、主演・製作のスカーレット・ヨハンソンの米ウォルト・ディズニー・カンパニーに対する訴訟が和解を迎えた。米DeadlineThe Hollywood Reporterなどが報じている。

2021年7月29日(米国時間)、ヨハンソンは『ブラック・ウィドウ』の劇場公開と配信リリースの同時展開は契約に違反するものとしてディズニー側を提訴。当初は“劇場限定公開”との前提でマーベルとの契約を締結したが、「ディズニーがマーベルの契約違反を誘発した」と主張した。ヨハンソンは劇場興行収入に基づいて報酬を受け取る契約であり、配信の同時展開により推定5,000万ドル以上の損失が発生したと述べていた。

和解にあたり、ヨハンソン側は「ディズニーとの相違を解消できたことを喜んでいます。私は長年にわたる協働作業を心から誇りに思っており、(ディズニーの)チームとのクリエイティブな関係性も大いに楽しんできました。将来的なコラボレーションを楽しみにしています」とのコメントを発表した。

また、ウォルト・ディズニー・スタジオズのアラン・バーグマン会長も「『ブラック・ウィドウ』について、スカーレット・ヨハンソンとの合意に至ったことを非常にうれしく思います。彼女のマーベル・シネマティック・ユニバースに対する貢献に感謝するとともに、『タワー・オブ・テラー』を含む今後のいくつかのプロジェクトでご一緒できることを楽しみにしています」との声明を発表。ディズニーは人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」の映画化企画をヨハンソン製作で進めていたため、訴訟による同作への影響も危惧されていたが、すでに両者の関係性は良好化したとみられる。

『ブラック・ウィドウ』訴訟、経緯と新事実

『ブラック・ウィドウ』は2021年7月9日に米国公開され、同日よりディズニープラスでのプレミア アクセス配信がスタート。全世界興行収入は3億7,878万ドルを記録しており、配信による収入は6,000万ドルに及ぶと伝えられている。

ディズニーが本作を映画館&ディズニープラスで同時展開することを発表したのは2021年3月のこと。The Hollywood Reporterによれば、ヨハンソンは数ヶ月にわたり訴訟を検討していたが、提訴前日の7月28日午後まではディズニーからなんらかの提案がなされると信じていたという。その場合は裁判に踏み切らない意向だったが、ディズニー側の態度にしびれを切らしての提訴となった。報道によると、ヨハンソンは、ディズニーによる金融業界ばかりに顔向けされた発表文に大きな怒りをおぼえていたという。

提訴が報じられたのち、ディズニーはヨハンソンを「世界的なコロナ禍の影響を無情にも無視」していると批判。ヨハンソンとの契約は遵守していると主張し、ディズニープラスでの配信にあたっては2,000万ドルの追加補償を支払ったとの声明を発表した。しかし、具体的な金額を公にしてヨハンソンを攻撃し、長年のパートナー関係にあった人物を“自己中心的な俳優”と形容するかのようなディズニー側の態度は、ハリウッドのエージェントや業界団体から激しい反発を呼ぶこととなった。

Deadlineによると、『ブラック・ウィドウ』をめぐる訴訟が表面化し、ハリウッドで物議を醸す中、ディズニー幹部の間にも変化が生じていたという。2021年8月ごろには、ヨハンソンへの対応が表面的に、また内部的にもあまりに粗雑だったため、ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・チャペックCEOとボブ・アイガー前CEO、そしてマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長の関係性に悪化の兆しがあったとされる。

Kevin Feige / ケヴィン・ファイギケヴィン・ファイギ社長 Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kevin_Feige_(28556369381).jpg

本訴訟の初出廷は2022年3月に延期されたばかりで、ヨハンソンとディズニー側はその数日後に和解することとなった。和解にあたっての契約内容は明らかになっていないが、同じくDeadlineによれば、最終的な契約金は4,000万ドル以上で双方が同意したという。

2020年からの新型コロナウイルス禍のため、ハリウッドのスタジオ各社は映画の公開延期や配信展開を余儀なくされてきた。しかし、スタジオを提訴したスター俳優は現時点でスカーレット・ヨハンソンのみ。MCU作品でスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ役を演じているエリザベス・オルセンや『ハロウィン』シリーズのジェイミー・リー・カーティスはヨハンソンを明示的に支持したが、訴訟について決定的なコメントを発した俳優はあまりに少なかった。

同じくディズニーが劇場&配信の同時展開を決定した『ジャングル・クルーズ』(2021)のドウェイン・ジョンソンは、置かれていた状況がヨハンソンとは違ったとの説もあるが、当初から訴訟は検討しなかったとのこと。『クルエラ』(2021)のエマ・ストーンは訴訟を検討しているとも報じられたが、のちに続編出演のため、ディズニーとの新たな契約に至っている(契約は2021年8月中旬、『ブラック・ウィドウ』訴訟を受けてディズニーが事態の沈静化に動いていたとされる時期に結ばれた)。

なお、MCUと『ブラック・ウィドウ』訴訟の関係性としては、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ監督とマーベル/ディズニーの復帰交渉が、ヨハンソンの提訴後に一時停止状態に陥ったことも報じられている。両者の和解を経て、こちらも動き出すこととなるか。

Source: Deadline, The Hollywood Reporter


THE RIVER

「訴訟」をもっと詳しく

「訴訟」のニュース

「訴訟」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ