【インタビュー】舞台「いのち知らず」仲野太賀 親友役の勝地涼に「シンパシーを感じている」

10月1日(金)8時5分 エンタメOVO

仲野太賀(ヘアメイク:高橋将氣/スタイリスト:石井大) (C)エンタメOVO

写真を拡大

 勝地涼と仲野太賀が主演する、M&Oplaysプロデュース「いのち知らず」が10月22日から開幕する。本作は、とある山間の研究所を舞台に、その施設の目的も知らずに門番として雇われている2人の若者と、やはりその施設で雇われている年配の男との交流を通して、「命」の意味と男同士の「友情」の真価を問う。勝地、仲野、新名基浩、光石研に加え、作・演出の岩松了も出演し、男性キャスト5人が謎の研究室で繰り広げられる陰謀に迫る。仲野に岩松作品への思いや、本作への意気込み、勝地との共演について聞いた。



−岩松作品には、2019年上演の「二度目の夏」に続いての出演になりますね。本作への出演が決まったときの気持ちを教えてください。

 岩松さんの作品は、今回が5度目の出演になりますが、何度ご一緒させてもらってもすごく緊張感がありますし、毎回、始まる前には武者震いします。それはやはり、何度やっても分かった気になれない、何か自分には届かないものがあるからだと思います。岩松さんの作品には、そういう憧れに近い思いがあるんです。(岩松作品は)難解だと言われることもありますが、僕自身がさまざまな現場に行って経験を積んだからこそ分かる、岩松さんの深さや奥行きの広さは毎回、改めて感じます。僕は、岩松さんの作品に出ている自分がすごく好きですし、(出演することで)浄化されたような感覚を覚えます。きっと今回も、喜びをかみ締めながら演じるんだと思います(笑)。演劇は、映像作品と違って残るものではありませんが、自分を最大限表現して、人の記憶に残るものになればいいな思っています。

−「岩松さんの作品に出ているときの自分が好き」というのはどんなところですか。

 岩松さんから「分からないっていいことだ。分からないというのは自分のキャパの外にあるものだから、分からないという感情と出会うことで自分を知れる」と、以前教えていただいたのですが、まさに岩松さんの作品はそれがあるんだと思います。必死に何かを分かろうとしたり、何かを追い掛けたりしている、もがいてる自分が好きなのかもしれないです。分かりきったことをやるより、「もしかしたらこうなんじゃないか」とがむしゃらになっていると、新しい自分を知れる気がして、その発見がうれしいのかもしれません。

−今回は、男性5人でのお芝居ですね。

 どんな役でも存在感を残せる素晴らしい俳優さんがそろっていると思います。少数精鋭で岩松さんの作品をやるというのは、隙がないというか…、このメンバーだったらどの角度でも、どんなフォーメーションでもできるという気がします。サッカーでいうと「最高のミッドフィルダーがそろった」(笑)。岩松さんの作品は、女性を魅力的に描いている作品が多いと思いますが、その中で、男5人でどんな作品になるのかすごく楽しみです。

−勝地さんとは、今回は親友という役柄ですが、普段はどんな関係ですか。

 以前ドラマでご一緒したときにすごくかわいがっていただいて、そこからは、いろいろなことを共有できる先輩です。年は6歳ぐらい離れているんですが、お互いにシンパシーを感じている部分があるんだと思います。演じる役も近いものがありますし、そういう意味でもお互いに気持ちが分かりやすいのかもしれません。

−仲野さんから見た、勝地さんはどのような人ですか。

 すごく男気があって、人を敬う気持ちが強い、律儀な方です。でもすごく面白くて…。俳優として人に対してどう振る舞うべきかなどを教えてくれます。

−映像作品でも活躍している仲野さんですが、舞台作品の稽古場では、どんなことを意識していますか。

 この作品に限らず、稽古は失敗してもいい場所なので、いかにたくさん試して失敗して、自分の中で道筋を決めていくかが大切だと思います。そういったトライアル・アンド・エラーができるのが稽古場なので、今回もできる限り挑戦をしていきたいと思っています。映像作品の場合は、そういった稽古の時間というのはほとんどありませんが、演劇は稽古場での「挑戦の時間」も大事です。何も気にせずに役と向き合える時間だと思いますので、とことん向き合っていきたいと思います。

−コロナ禍での公演についてはどんな思いがありますか。

 こういう状況の中では、映画も演劇も必要なのかを問われたりもしますが、このコロナ禍で、僕自身も演劇を見たときの感動を改めて実感できました。目の前で、役者が一生懸命、物語を演じている姿を見ると、日常生活では感じられない喜びや悲しみがあって、自分の生活を豊かにしてくれると感じました。改めて、演劇っていいな、映画っていいなということを感じる日々です。ですが、演劇を見に行くことから足が遠のいてしまっている方も多いと思いますし、行きづらいとも思います。僕たちができることは、徹底した管理の上で対策をして、安心して見てもらえる環境を作っていくことだと思います。その上で、来たことを後悔しないように、いいものを持ち帰ってもらえるような作品を届けられるよう、一同で臨みたいと思っています。

−ドラマや映画で仲野さんを知って、初めて観劇に行こうと思う人もいると思いますが、そういう人たちにはどんなことを伝えたいですか。

 演劇は、映像と違って良くも悪くも言い訳ができないものだと思います。ある意味、見え過ぎてしまうし、逆を言えば、表現をダイレクトに感じてもらえるので、それを楽しんでいただければいいのかなと思います。

−公演を楽しみにしているファンへメッセージを。

 コロナ禍の中、苦しい思いをしている人もたくさんいると思いますが、生の演劇、お芝居を見ることで、少しでも生活に余裕が出たり、毎日が豊かになるきっかけになればいいなと思っています。ぜひ、健康に気をつけてご来場いただければうれしいです。

(取材・文・写真/嶋田真己)





 M&Oplaysプロデュース「いのち知らず」は、10月22日〜11月14日に都内・本多劇場ほか、宮城、大阪、島根、山口、熊本、広島、愛知で上演。

公式サイト http://mo-plays.com/inochishirazu/

エンタメOVO

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ