浅香光代の隠し子の父親“総理経験者”は誰?ネット上で飛び交った実名!

10月2日(月)17時58分 アサ芸プラス

 9月29日放送の「今夜解禁!ザ・因縁」(TBS系)に出演した浅香光代。この日は大物政治家との間に生まれた、いわゆる“隠し子”と呼ばれる息子と対面。「私の父は誰?知る権利は僕にある」と詰め寄られる一幕があった。

 しかし浅香は父親の名前を明かさないことを条件に出産したと明かし「総理や副総理をやった人だって知ってくれればいい。向こうにせがれがいるわけ。それも政治家になってるから」

 と相手の経歴だけをざっくりと説明。肝心の名前は最後まで明かさず「言えない。墓場に入るまでは言わない」と最後まで拒んだ。

「番組の放送中からネット上は大物政治家の特定で大騒ぎでした。浅香の言う『せがれも政治家』を信じるのなら、鈴木善幸元総理が当てはまるという声が一番大きい状況です。善幸氏の息子である俊一氏は政治家で、8月に東京オリンピック・東京パラリンピック担当大臣に就任したばかりですからね。さらにメディアに初めてその姿を現した浅香の息子の顔や雰囲気が善幸にそっくりだと指摘されています。しかし、善幸氏は浅香が語った父親の条件である『副総理』には就いていないんです。それに、これまでは大物政治家と浅香は30歳ほど年齢差があると言われてきましたが、1911年生まれの善幸氏と1928年生まれの浅香とは17歳しか年齢差がありません。そうなると善幸氏ではなく別人か、と特定できずにモヤモヤを抱えたネット住民が大勢いるようです」(女性誌記者)

「愛した男との約束で名前は明かさない」という浅香。意志を貫く姿は立派だが、世間のモヤモヤが晴れることは永遠になさそうだ。

アサ芸プラス

「浅香光代」をもっと詳しく

「浅香光代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ