『トレインスポッティング3』実現へ? 原作者アーヴィン・ウェルシュが示唆

10月2日(水)16時0分 シネマカフェ

『T2 トレインスポッティング』

写真を拡大

『トレインスポッティング』の第3弾が製作される可能性を、原作者のアーヴィン・ウェルシュが明らかにした。

ポッドキャスト「Anything Goes」に出演したウェルシュは、「『ゴッド・ファーザー Part III』や『ターミネーター3』を考えると、“三位一体”の作品にしたいという誘惑にかられますよね。ダニー(・ボイル監督)のカトリックの心も呼び起こすかもしれない」、「2作目に取りかかるまでに長い期間を要したので、3作目をやろうっていう頃には、私たち全員が老人ホームにいるんじゃないでしょうか」とジョークを絡め、『トレインスポッティング』3作目を製作したいという希望をちらつかせた。

『トレインスポッティング』の続編は、1996年から21年の年月を経て、2017年に『T2 トレインスポッティング』が公開された。このペースに危機感を覚えたウェルシュは3作目の製作にあたり、「もっと早く動き出さなきゃいけないとは思っています。とにかく私としては大変興味をそそられるものです」と意欲を語っている。

3作目の内容については、『T2 トレインスポッティング』公開時にも語っていたように、ウェルシュが2016年に執筆した『The Blade Artist』(原題)に沿うようだ。ロバート・カーライル演じるベグビーが主人公で、「ベグビーが90分間大暴れする映画」という構想を語った。

シネマカフェ

「トレインスポッティング」をもっと詳しく

「トレインスポッティング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ