城島茂 妻が信じ続けた約束…同棲から結婚までが長かった理由

10月2日(水)11時0分 女性自身

9月28日、TOKIOのリーダー・城島茂(48)がファンクラブ向け会員サイトで結婚を発表した。婚姻届は同日、代理人を通じて提出。挙式・披露宴は未定だという。お相手は、24歳年下のグラビアタレント・菊池梨沙(24)。バングラデシュ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ美女だ。17年6月に交際が報じられてから2年、念願のゴールに至った。



さらにもう1つ、ビッグニュースがあった。菊池が妊娠しているというのだ。現在、妊娠4カ月で出産は来年3月ごろの予定。同日に城島は自身のレギュラー番組『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)で「現在、お相手のおなかの中には子どもがいます」と宣言。その後にはテレビ朝日で単独会見を開催し、結婚までの経緯を説明。菊池との出会いは4年前の秋で、今年1月に彼女の両親へ挨拶。その際、散歩中に「結婚してください」と正式にプロポーズしたと明かしている。



交際報道当初から、結婚が噂されてきた城島と菊池。18年3月、本誌は2人の同棲生活をスクープしている。



「もともと城島さんは都内に単身者用のマンションを購入していましたが、2人で暮らすには手狭だと感じたようです。そこで急きょ用意したのが、別の新居でした。90平方メートルの3LDKで、家賃は月45万円!購入すれば軽く億を超える豪華マンションです。交際が報じられた直後の17年9月に建てられた物件で、当時からすでに“結婚後の生活”を見据えていたのでしょう」(芸能関係者)



実際、城島と菊池は連日のようにこの“愛の巣”から仲よく出かけていた。3月初旬のある日には、都内の自動車販売店で“試乗デート”を楽しんでいた。また別の日には、都内のオープンカフェで1時間近くランチを堪能。店を後にして小道に入ると、すぐに手をつなぐ。そして2人の左手薬指には、おそろいの指輪が。シルバーのプレーンなデザインがきらりと光っていた。



「新居には、城島さんのお母さんが何度も訪れていました。このときからすでに“親公認の仲”だったのです。菊池さんは、お義母さんのことをとても慕っています。彼女の運転する車で送っていくこともありましたし、逆にお義母さんのいるところまで駆けつけることもありました。そんな菊池さんに、城島さんは感謝していたといいます。彼は女手一つで育てられたため、お母さんへの思いは人一倍強い。しかし彼女の熱心な姿を見ているうちに、『この人ならお袋のことを任せられる』と考えたようです」(前出・芸能関係者)



城島は現在48歳で、母親も高齢。結婚すれば、将来的に夫だけでなく義母の介護も視野に入れなければならない。にもかかわらず24歳にして献身的な姿勢で義母を支える菊池。そんな姿に、城島の心はどんどん傾いていったという。だが“秒読み態勢”に入っていたものの、なかなかゴールインとはならなかった。



「城島さんは交際発覚当初から『彼女と結婚したい!』と伝えていました。彼女もその“約束”を信じて、じっと待ち続けることを選んだのです。しかし昨年4月、山口達也さん(47)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されていたことが発覚。リーダーの城島さんは関係各所に奔走することになりました。そして今年7月には、ジャニー喜多川さん(享年87)がこの世を去ってしまいました。城島さんのショックは大きく、何も考えられない状態だったといいます。結婚は遠のくかと思われていました……」(前出・芸能関係者)



そんななか、菊池のおなかに命が宿っていることがわかったのだ。城島は“ケジメ”をつけることを決断した。



「子どもを授かったと知った城島さんは、『これで俺もついにパパになるんか〜!』と感無量の様子だったといいます。『久しぶりに明るいリーダーを見た!』と周囲も歓迎ムードだと聞きました」(別の芸能関係者)

女性自身

「城島茂」をもっと詳しく

「城島茂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ