織田裕二&鈴木保奈美、27年ぶり共演の感想は?

10月2日(火)7時29分 ナリナリドットコム

俳優の織田裕二(50歳)と女優の鈴木保奈美(52歳)が、10月1日放送の「FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦」(フジテレビ系)に出演。「東京ラブストーリー」以来27年ぶりの共演となるが、織田が「パーンって打つとパーンって返ってくる感じ」を思い出すと語る一幕があった。

10月8日から放送される連続ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で、27年ぶりに共演する織田と鈴木。MCの坂上忍が、鈴木に対して「久しぶりの織田さんとの共演どうですか?」と尋ねると、鈴木は照れたように顔を隠してノーコメント。

その後、坂上が織田に対して「久しぶりに共演するとどうなんですか? やっぱり当時の息が合ったのとかすぐ戻ったりするんですか?」と同じ内容を質問すると、織田は「あのとき、ポーンって打つとポーンって返ってくる感じが、やってると、ああって思いますね」と芝居の感覚を思い出すとコメントした。

続けて坂上は、映画「就職戦線異状なし」で織田と共演したことを引き合いに「僕と共演したときは、そういう打ったら響くみたいなのはありましたか?」と聞くと、織田は笑いながら「めちゃくちゃあったよ」と答えた。

ナリナリドットコム

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ