漫画『呪術廻戦』累計850万部突破 1巻から新人作家として異例の売れ行き

10月2日(金)0時0分 オリコン

漫画『呪術廻戦』コミックス第13巻(C)芥見下々/集英社

写真を拡大

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『呪術廻戦』が、2日発売のコミックス第13巻でシリーズ累計発行部数850万部を突破したことが、集英社より発表された。テレビアニメ化が発表された昨年11月時点では累計250万部(3.4倍)、今年5月時点で450万部(約1.9倍)と急激に売り伸ばしている。

 2018年3月より同誌で連載中の同作は、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。連載を決める会議で、オリジナリティーのあるストーリー、キレのあるせりふ、独特のキャラクター造形などが評価され、“編集部が満場一致で連載決定した”というエピソードを持つなど連載当初から注目を浴びた作品。

 第1巻は2018年7月の発売後に即重版がかかり、2巻の9月4日発売までに2度の重版を記録。編集部は当時「デジタル版でも新人作家としては異例の売れ行き」と説明し、期待を寄せていた。そして、その期待と読者に支持を受け、きょう2日よりMBS/TBSにてテレビアニメが放送される。

 作者・芥見下々氏は1992年生まれで、14年に『神代捜査』(少年ジャンプNEXT!!)でデビュー。『ジャンプGIGA』(2017年)で連載していた『東京都立呪術高等専門学校』が、『呪術廻戦』のプロトタイプ及び正式な前日譚となっており、18年12月に『呪術廻戦 0巻 東京都立呪術高等専門学校』として発売した。

オリコン

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ