田中邦衛が老人ホームから自宅復帰、妻が明かすリハビリ生活

10月2日(月)7時0分 NEWSポストセブン

“五郎”の芸能界復帰を待ちたい

写真を拡大

『北の国から』(フジテレビ系列)の主役・黒板五郎役をはじめ、数々のヒット作に出演してきた田中邦衛氏(84)は、2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』への出演を最後に表舞台から遠ざかっている。


 そんななか、田中氏が介護付き有料老人ホームに入居していることを報じたのは、『週刊ポスト』2015年10月30日号だった。記事では、田中氏が高熱で入院したのをきっかけに歩行困難となり、車椅子生活になったこと、自宅に戻ることを目標にホームでリハビリに励んでいる様子などを伝えた。


 当時、夫人は「(本人は)“しっかり足を治して自宅に帰ってくる”と言っている」と語っていた。


 その後、念願叶って田中氏は自宅へ戻ることができたというが、足の状態はまだ思わしくないようだ。自宅近くの住民がいう。


「数か月に1回ぐらいかな。車椅子に乗った邦衛さんが自宅から出てきて、ワンボックスカーに乗ってどこかに行くのを見かけます。白髪も多く、テレビで観ていた頃よりだいぶ老け込んでいた」


 自宅玄関には車椅子用のスロープが設置されている。夫人は改めてこう話してくれた。


「スロープは主人のために昨年付けました。体の状態ですか? 車椅子の時もあれば、歩ける時もあります。芸能界への復帰については……分かりません。ただ、元気になってきていることは事実です」


 人情味溢れる演技をまた見られる日を待ちたい。


※週刊ポスト2017年10月13・20日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

田中邦衛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ