食欲の秋に選ぶ「おすすめグルメマンガ」ランキング! 2位『きのう何食べた?』、1位は誰もが知っている……?

10月3日(日)21時10分 All About

「おすすめグルメマンガ」のアンケート結果を発表しました。

写真を拡大

BookLiveは10月1日、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」の会員3544人を対象に実施した「おすすめグルメマンガ」のアンケート結果を発表しました。食欲の秋に選ばれた漫画は果たしてどの作品でしょうか。

第2位:『きのう何食べた?』

2位は、俳優の西島秀俊さんと内野聖陽さんのダブル主演で話題になり、同キャストで映画公開も控えている『きのう何食べた?』です。
弁護士の筧史朗(シロさん)と恋人で美容師の矢吹賢二(ケンジ)、同性カップル2人の日常生活を「食」を中心に描いた漫画です。同性同士で生きていくことの悩みだけでなく、親と自身の老いに対する実感など、多くの人が直面するであろう日常での出来事を、優しいタッチで描いています。
料理上手のシロさんによる家庭料理が続々と出てくるのが特徴です。実際に作中の料理を作ったことがあると答えた読者も多く、「シャケの炊き込みご飯。手軽で美味しい」「豚とナスのピリ辛炒め 夏野菜が豊富な時期の定番」との回答が集まりました。
「食事を大切にしていくことが、好きな人を大切にすること。その積み重ねが人生を豊かにしてくれると気づく」と、2人の生活から気づきを得たコメントも見られました。

第1位:『美味しんぼ』

1位は、1983年から連載している“レジェンド”グルメ漫画『美味しんぼ』です。誰もが一度は名前を聞いたこと、内容を読んだことのある漫画ではないでしょうか。
主人公・山岡士郎と同僚の栗田ゆう子が、「食」を通して周囲の人々の悩みを解決していく物語です。登場人物たちの人間関係も気になるところですが、それ以上に「食」に対する豊富な知識や考察が、「料理に対する深い考察が勉強になる」「料理や食材、産地について見識が広がりました」と、多くの人から支持を集めた要因です。
18巻に登場する「目玉焼き丼」に対しては、「目玉焼き丼は安心安定の美味しさ」「簡単にできて期待通りの味」と絶賛する声が集まりました。
(文:狩野 萌)

All About

「きのう何食べた?」をもっと詳しく

「きのう何食べた?」のニュース

「きのう何食べた?」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ