『ひよっこ』『高嶺の花』俳優活動も目覚ましい峯田和伸、“上京したての18歳”当時の写真公開

10月3日(水)17時9分 耳マン

18才の峯田和伸がとにかくハンサム!

ロックバンド銀杏BOYZのボーカル峯田和伸が10月2日にInstagramを更新。18歳で上京した頃の写真を投稿し、「全然変わってない」「ハンサム」と話題を呼んでいる。

View this post on Instagram

1996年。大学一年。18才。 初めてのひとり暮らし。夏になり、事情あって地元を飛び出して転がりこんできた親友 森くんと、6畳一間のアパートにふたりで暮らし始めました。難民のように。 先日、大学時代の友人からメッセージが届いたのですが「今はちゃんとご飯食べてるの?」と。どういうことか訊いたら、大学時代、俺の昼ごはんは板チョコ1枚だったらしい。 いっきに思い出しました。1枚80円だったガーナチョコレートの赤い箱。あれがあればじゅうぶんでした。みんな優しいからオカズくれたり。たのしかったなあ! バンド資金のため。どうしても買いたいレコードのため。バイトふたつして。みんな元気かなあ。 撮影 森浩二

峯田和伸 ΜΙηё†Δ КΛΖΖпоνさん(@mine_minet)がシェアした投稿 -

峯田和伸 Instagram

峯田は1996年にバンドGOING STEADYを結成し音楽活動を開始。バンドは2003年に解散したが、同年に銀杏BOYZを新たに結成し、現在も精力的に活動を続けている。また、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』やドラマ『高嶺の花』に出演するなど、俳優としての活躍もめざましい峯田。2019年には宮藤官九郎が脚本を担当するNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』への出演も控えている。

そんな峯田が10月2日、Instagramにて「1996年。大学一年。18才。初めてのひとり暮らし。夏になり、事情あって地元を飛び出して転がりこんできた親友 森くんと、6畳一間のアパートにふたりで暮らし始めました」と大学時代のモノクロ写真を公開。カメラをじっと見つめる姿にファンからは「18歳の峯田くん、カワイイ髪型」「ステキな写真ですね」「少年がそのまんま大人になってるそんな峯田さんが魅力的」など、さまざまな声が寄せられた。

当時の昼ごはんは板チョコ1枚だった!?

また、峯田はキャプションで「先日、大学時代の友人からメッセージが届いたのですが『今はちゃんとご飯食べてるの?』と。どういうことか訊いたら、大学時代、俺の昼ごはんは板チョコ1枚だったらしい」と当時の食生活を明かした。続けて、まわりの人たちがごはんのオカズをくれたことや、バンド資金のためにアルバイトを掛け持ちしたことなど、学年時代の思い出を赤裸々に告白。ファンからも「ゴイステ、銀杏BOYZを当時の同い年の彼氏から教えてもらい、彼と一緒にMDでイヤホンを分け合って聞いていました」「中学の時のジャージにゴイステの曲の歌詞たくさんたくさん書いてた」など、思い出話が飛び交った。

今や俳優として引っ張りだこの峯田だが、あくまで自身はミュージシャンだと公言している。11月から始まる銀杏BOYZ約1年半ぶりのツアーでは、峯田はどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

HEW

耳マン

「峯田和伸」をもっと詳しく

「峯田和伸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ