日本初! お城とファッションの融合で話題を呼んだランウェイショーが2年ぶりにカムバック!

10月3日(日)14時30分 Rooftop


1957年に米国で創刊し、 現在21の国と地域で発行する雑誌『GQ』の日本版、 『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)は、 10月4日(月)よりGQ JAPANウェブ内特設サイトおよびGQ JAPAN公式You Tubeにて、 伊藤忠ファッションシステム株式会社と共同で、 繊維産地にフォーカスしたファッションショー「The “O.SHIRO” Collection」 (ザ・オシロコレクション)Vol.2の動画を公開。

「The “O.SHIRO” Collection」は、 モノづくりに強いこだわりを持って国内外で活躍する日本のファッションブランドの協力のもと、 日本の繊維産地にフォーカスしたコラボレーション・コレクション。 お披露目の場所は日本の「城」。 1回目となった2019年には、 岡山城の城内にランウェイを設営してショーを実施。 昨年はコロナ禍のため開催を見送ったが、 今年は舞台を名古屋城に移し、 開催することになった。

今年の「The “O.SHIRO” Collection」は、 「SDGs」「エシカル消費」をテーマに掲げ、 尾州(毛織物産地)、 三備(デニム産地)、 関西(和歌山・ニット産地)の国内繊維産地で生まれたファブリックとともに、 プレゼンテーション形式でルックの披露を行なう。「ANREALAGE(アンリアレイジ)」「beautiful people(ビューティフルピープル)」「sulvam(サルバム)」という日本ファッション界の最注目ブランドがそれぞれ発表するコラボレーション・コレクションを着るのは、 桜田通、 長谷川ミラ、 中山咲月、 そしてTaiki&Noahなど。 名古屋城をバックに展開される「メイド・イン・ジャパン」の最新ファッションにご注目。(*新型コロナウイルス感染症の拡大を鑑み、 無観客開催で撮影したものを放映。)

10月4日(月)には「ANREALAGE」×尾州産地のテキスタイルを使ったパッチワークコレクションが登場するほか、 10月7日(木)に「beautiful people」×和歌山&尾州産地のテキスタイルを活用したコレクション、 さらに10月14日(木)に「sulvam」と岡山・広島のデニムをメインとしたコレクションの公開を予定。

『GQ JAPAN』Illustration by Koji Toyama (C) 2021 Conde Nast Japan. All rights reserved.

Rooftop

「ファッション」をもっと詳しく

「ファッション」のニュース

「ファッション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ