『IT/イット』ジェイデン・マーテル、スティーヴン・キング映画に再び挑む ─ Netflixで2022年配信、ジェイソン・ブラム製作

10月3日(日)10時30分 THE RIVER

映画『IT/イット』シリーズでビル・デンブロウ役を演じたジェイデン・マーテル(旧名ジェイデン・リーバハー)が、再びスティーヴン・キング作品の映画化に挑む。Netflix映画『Mr. Harrigan’s Phone(原題)』への出演が、ブラムハウス・ピクチャーズのオンラインイベント「BlumFest」にて発表された。

“ハリガン氏の電話”という意味のタイトルである同名の原作小説『Mr. Harrigan's Phone』は、2020年4月に米国で刊行された短編集『If It Bleeds(原題)』に収録の短編(邦訳未刊)。主人公の少年は、年老いて引退した億万長者のハリガン氏と友人になった。老人の死後、少年は、すべての死者が去るわけではないことに気づく。遺体とともに埋められたiPhoneによって、少年と墓の中のハリガン氏は意思疎通をはじめるのだ。

少年役をジェイデンが演じ、ハリガン氏を『ハンガー・ゲーム』シリーズや『アド・アストラ』(2019)などの名優ドナルド・サザーランドが演じる。脚本・監督は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2016)『リトル・シングス』(2021)のジョン・リー・ハンコック。プロデューサーはブラムハウス・ピクチャーズを率いるジェイソン・ブラムと、「アメリカン・ホラー・ストーリー」など多数のドラマ&映画を手がけるライアン・マーフィーらが務める。

発表によると、撮影は2021年10月に開始され、Netflixでの配信開始は2022年内を予定している。

なお「BlumFest」では、本作のほか、タイラー・ペリーとジェイソン・ブラムがプロデューサーとしてタッグを組むホラー映画『Help(原題)』も発表された。こちらは『クライモリ』シリーズのアラン・B・マッケルロイが脚本・監督を務め、2022年に撮影が実施される。

Source: The Hollywood Reporter(1, 2


THE RIVER

「Netflix」をもっと詳しく

「Netflix」のニュース

「Netflix」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ