劇場版『コンフィデンスマンJP』撮了、長澤まさみ×東出昌大×小日向文世が“見どころ”紹介

10月4日(木)12時0分 映画ランドNEWS

コンフィデンスマンJP

2019年に全国東宝系にて公開される『コンフィデンスマンJPthe movie』がクランクアップ。長澤まさみ東出昌大小日向文世からコメントが到着した。


コンフィデンスマンJP
映画『コンフィデンスマンJP the movie』クランクアップ写真

『ミックス。』「リーガル・ハイ」などで知られる脚本家・古沢良太によるオリジナルドラマとして人気を博した、2018年4月期の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。劇場版では、「コンフィデンスマンJP」史上最大のターゲットを巡って、香港を舞台にダー子役の長澤まさみ、ボクちゃん役の東出昌大、リチャード役の小日向文世らが壮大なコンゲームを繰り広げるさまが描かれる。


クランクアップとなったのは、本作の主な舞台となる香港にある、ダー子達の拠点となるゲストハウスでお馴染みのキャラクター達が休息をとるシーン。ダー子が一人起きて何か真剣に考え事をしている中、気持ちよく寝ていびきをかく五十嵐(小手伸也)と、眠りを害されて寝ぼけながら怒るボクちゃんとの掛け合いに、スタッフ一同笑いをこらえながら撮影を見守る。制作スタッフが出演陣に渡す花束を持って待機する中、監督の“カット”がかかると、現場にいた全員が噴き出して、撮影が終了した。


主演の長澤まさみは、監督から花束を渡されると「ドラマの撮影が始まった去年の12月から、この作品と丁寧に向き合ってきた9か月でした。ドラマに引き続き映画とプレッシャーを感じていましたが、スタッフのみなさんと共演者のお力を借りて演じ切ることが出来ました」とコメント。共演の東出昌大や小日向文世、小手伸也らと熱い握手を交わした。


コンフィデンスマンJP
映画『コンフィデンスマンJP the movie』場面写真

撮影は約1か月半に及び、日本を飛び出して香港でも大規模なロケを敢行。今回解禁されたのは、お馴染みの3人が、見るものをコンフィデンスマンの世界へいざなう冒頭のシーン。3人の「コンフィデンスマンの世界へようこそ」のセリフで始まる映画版では、香港を舞台に一体どんな欲望が渦巻き、どんな騙し合いが展開していくのか、波乱の幕開けを予感させるカットになっている。


長澤まさみ コメント




ドラマの第9話(ラス前回)で映画の告知をしたときに、これも詐欺なんじゃないかと思った方も多かったと聞きました。私たちとしては騙す気なんてさらさら無かったんですが(笑)。ドラマで4か月間、一緒に寒い冬を乗り越えたキャスト・スタッフだからこそ分かり合えた瞬間が沢山あって、映画の撮影時はお互いの持っているものを出し尽くせた実感があったので、毎日楽しかったです。とても豪華なゲストに加えて、色々な方々が助っ人で来てくださって、見応えのある作品になっていると思います。今回は“愛”がテーマということで、ダー子に対して人間味を感じられる物語になっているので、そこにも注目してほしいですね。


東出昌大 コメント




4か月間、ドラマの現場を共にしたからこそ出来上がった仲の良い空気感で、撮影を乗り越えることが出来ました。今回はとにかく派手。舞台が香港なので、そこで撮れた街並みや料理、スケールアップした衣装、もちろん騙しも含め、ドラマでは見られないスケールの大きさになっていると思います。今までとは違う新しい『コンフィデンスマンJP』の世界を見ることができるのを僕も楽しみにしています。


小日向文世 コメント




去年の12月にドラマがクランクインしてそこから4か月間、ドラマの撮影でこのメンバーとスタッフとがっつりやりましたからね。映画はその延長線上にあって、撮影初日からスッと入ることが出来ました。1か月半の撮影を振り返ると、香港はやっぱり強烈でしたね。色々な食べ物とか、泊まっている場所の周辺とか、非常に刺激的でした。映画の見どころはというと、やっぱり古沢さんの本が、見事に出来ているんですよ。また騙されちゃいましたから(笑)。最後まで見ると「うわっ!」と思えるようになっていますので、その騙しを是非、楽しみにしていてください。


映画『コンフィデンスマンJP the movie』は2019年に全国東宝系にて公開


(C)2019「コンフィデンスマンJP the movie」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「コンフィデンスマンJP」をもっと詳しく

「コンフィデンスマンJP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ