永野芽郁、朝ドラ同世代トリオで深夜まで焼肉バースデー

10月4日(木)16時0分 NEWSポストセブン

ユーコとボクテと高級バースデー焼肉を報告(永野のインスタグラムより)

写真を拡大

 9月下旬、芸能人が多く集うことでも知られる東京・西麻布の夜8時。大通りから少し離れた小道にある焼肉店に、周囲を気にしながら入っていく3人の姿があった。黒のニット帽を目深にかぶり、眼鏡をかけた永野芽郁(19才)、キャップに大きなマスクで顔全体を覆った志尊淳(23才)、同じくマスクをつけて、うつむき加減で小走りに店内に入る清野菜名(23才)だった。


 最終回で23.5%という高視聴率を記録し、半年間の放送に幕を下ろしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。最終週、視聴者から賛否両論のコメントが殺到したのは、ヒロイン・スズメ(永野)の親友ユーコ(清野)が東日本大震災に遭遇して亡くなる場面だった。


「漫画家を目指す秋風塾の3人組、スズメ、ユーコ、ボクテ(志尊)の人気は高かった。それだけになぜユーコを死なせなければいけないのか、そんな脚本で泣かせようとするな、震災を軽く扱いすぎだ、と批判が殺到しました」(NHK関係者)


 スズメとユーコ、そしてボクテは、全員が一度は少女漫画家を目指し、同じ漫画事務所に所属。感性が豊かなスズメ、お嬢様育ちで内向的な面のあるユーコ、繊細で才能に恵まれたボクテは、互いに違いを認め合い、励まし合う親友であり、しのぎを削る戦友でもあるという仲だった。


「スズメと同い年の設定だった律役の佐藤健さんは実は29才で永野さんより10才も上。役どころと同様、現実でも同世代の3人は収録中も本当に仲がよく、いつも一緒でしたね」(前出・NHK関係者)


 その3人がお忍びで冒頭の焼肉店に現れたのは9月下旬のことだった。


 店内は完全個室制で有名人も多い隠れ家で知られるが、1人あたり6000〜7000円と少々高いながらもコスパがいいと評判の店だ。


「その日は、9月24日生まれの永野さんのお誕生日祝いをしたそうです。プライベートで3人集まるのは初めてだったので、ドラマの話をはじめ、相当盛り上がったみたいですよ」(芸能関係者)


 8時過ぎに始まったパーティーがお開きになったのは3時間後の夜11時過ぎ。それぞれ別々に車に乗り込み帰途についたようだ。


 この日の様子はそれぞれがインスタグラムにアップ。永野は、《ユーコとボクテが誕生日のお祝いしてくれました》の文字とともに、キャンドルを立てたスイーツプレートを手にする永野と清野、志尊の写真を紹介していた。


 超がつくほど厳戒態勢の食事会だったのは気になるけれど、ドラマの結末とは違って、3人が笑顔で仲よくしている現実が見られてよかった…。


※女性セブン2018年10月18日号

NEWSポストセブン

「永野芽郁」をもっと詳しく

「永野芽郁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ