ジャスティン・ビーバー、動物愛護団体から大バッシング! それでも気にせずネコ専用アカウントをオープン[写真あり]

10月4日(金)17時7分 tvgroove

ジャスティン・ビーバーとスシ&ツナ

歌手のジャスティン・ビーバー(25)が最近飼い始めた愛猫「スシ」「ツナ」。これに対し動物愛護団体がバッシングのコメントを出したが、ジャスティンは気にせず猫専用インスタグラムアカウントをスタートさせた。

9月30日についに結婚式を挙げたジャスティン・ビーバーと妻でモデルのヘイリー・ビーバー。2人は8月下旬、新たなペットとして子猫のスシを飼い始め、その後、同じ種のツナも加わった。この2匹の猫種はサバンナキャットという種類で、彼らは総額3万5000ドル(約385万円)でジャスティンたちに買われたという。

これに対し、動物の権利運動団体である「PETA(日本名:動物の倫理的扱いを求める人々の会)」が批判のコメントを発表。同団体の副社長リサ・ランジェ氏は「Baby, baby, baby, nooooooo」と、ジャスティンの楽曲「Baby」の歌詞に皮肉を込めて批判。

ランジェ氏がPage Sixに向け出した声明では「ジャスティン・ビーバーは、地元の保護シェルターにいる猫の里親になることで世界中のファンをインスパイアできたはず。彼はそれをする代わりに、ハイブリッド猫への危険な需要の増加、増え続ける動物の数を促進しており、動物を助けるということにおいて彼のスタンスは『I Don't Care(どうでもいいや)』といったところでしょう」と、ジャスティンの行動が動物愛護とは真逆の姿勢だと指摘した。

ジャスティンはスシとツナを米イリノイ州にあるブリーダー「Select Exotics」から購入。サバンナキャットという種類はサーバルキャットとイエネコの1品種であるベンガルの交配によって生み出されたハイブリット種で、かなり希少な種類だ。

しかしPETAの批判が耳に入っていないのか、ジャスティンはインスタグラムにてスシとツナ専用アカウントをオープン。オープンから間もない現時点(10月4日15時)で、フォロワーはすでに20万人を超えさらに増え続けている。写真もすでにかなりの枚数が投稿されており、ジャスティンの溺愛っぷりが伺える。アカウントの説明も「パパが管理する、サバンナキャットの兄と妹ツナとスシ」と、自分をパパと呼んでいる。

スシ

View this post on Instagram

Sushi

A post shared by Justin (@kittysushiandtuna) on

ツナ

View this post on Instagram

Tuna

A post shared by Justin (@kittysushiandtuna) on

View this post on Instagram

Baby sush

A post shared by Justin (@kittysushiandtuna) on

View this post on Instagram

Din din

A post shared by Justin (@kittysushiandtuna) on

ジャスティンは先日、スシとツナの写真を載せ「どんどんクレイジーな猫派になってきてる」と投稿。スシとツナの存在のおかげで、ジャスティンは猫にメロメロなようだ。

家には愛犬オスカーもいる

View this post on Instagram

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

tvgroove

「ジャスティン・ビーバー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ