兵役突入の東方神起ユンホ 軍のダンスやミュージカルに登場か

10月5日(月)7時0分 NEWSポストセブン

 短く刈り上げられた髪。黒地に金の刺繍が施された肩章と真っ赤なジャケット、白いパンツという軍楽隊の制服に身を包んだユンホ(29才)が、右肘を直角に挙げ、手首から指先までを美しくまっすぐ伸ばして「敬礼」すると、一際大きな声援が飛んだ——。


 東方神起チャンミン(27才)が11月19日に兵役に就くと発表された。ひと足早く入隊しているユンホに続いてそろって軍隊生活に入り、芸能活動はしばらく休止になる。


 ユンホは7月に揚州市を拠点とする第26師団の新兵教育隊に入所。5週間の新兵基礎訓練を経て、8月末に同師団の軍楽隊に配属された。


「第26師団は最前線のやや後方から支援する部隊です。軍楽隊とは、軍に属する音楽隊で、士気高揚や、地域住民との交流行事で演奏や公演を行うことが任務です。


 ユンホは打楽器担当ですが、9月の公演ではステージに上がって歌やダンスを披露し、ファンから声援を浴びていました。市民のためのボランティア活動に参加したときは、軍服姿のユンホにサインや記念写真が殺到しました。さらにユンホは10月2〜6日、韓国中部の鶏龍台で開かれる軍主催のイベント『地上軍フェスティバル』のMC(司会)に抜擢されたと報じられました。一般の人も参加できるので、ユンホのパフォーマンスに期待が高まっています」(韓国紙記者)


「地上軍フェスティバル」は今年で13回目となる陸軍最大のイベントで、毎年100万人以上の観客が訪れる。ソウル市内から最寄り駅(鶏龍駅)まで電車でおよそ1時間半、そこから会場まで無料シャトルバスが出ている。


 兵営生活館などの展示物、軍用機の搭乗体験、サバイバル体験などに加え、ユンホが所属する軍楽隊の公演も行われる予定だ。過去には兵役中の芸能人のサイン会が開かれたことも。


「開会式には招待状が必要ですが、他の催し物はすべて無料です。もちろん、日本のファンも観覧可能。ただし、会場の収容人員に限りがあるため、先着順で締め切られることもあります。


 主催者から正式発表がないのではっきりと言えませんが、ユンホは開会式の日(2日)の午後に予定されているダンスやミュージカルの記念公演、2日目(3日)の午前・午後の軍楽隊の公演などに登場するといわれています」(前出・韓国紙記者)


※女性セブン2015年10月15日号

NEWSポストセブン

「ミュージカル」をもっと詳しく

「ミュージカル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ