改めて映像を見ると本当にひどい!?——「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜」DVD発売記念イベントレポート

10月6日(金)19時30分 アニメイトタイムズ

2017年2月15日より行われた『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜』のDVDが6月28日に発売。これを記念したイベントが9月23日に行われました。

イベントには松尾芭蕉役の阿部丈二さん、河合曽良役の小笠原健さん、鬼男役の石渡真修さん、大石内蔵助役の寺山武志さん、閻魔大王役の岡田地平さんが出演。

DVDを見ながら思い出のシーンを振り返ったり、クイズ対決やジェスチャーゲームで盛り上がりました。

本稿では、そんなイベントの様子をご紹介します。今後の役者生命に支障をきたすほどの汚れ役!?
イベント開演直前になると、松尾芭蕉の声でイベントに関する注意事項をアナウンス。「注意事項 守って楽しく ナイチンゲール」という句が飛び出したり、その句にすかさず「ド下手くそ」とツッコミが入ったりと、開演前から笑いがあふれます。

イベントが始まるとMCを務める岡田地平さんが登場。そして岡田さんに呼び込まれて残りの出演者4人も登場しました。

舞台公演から半年以上経ち久しぶりに再開したという5人は、懐かし話はすでに楽屋でやり終えた、などと冗談を交えつつ、早速コーナーへと移っていきます。最初のコーナーは【地獄の思い出コーナー】。DVDの映像をお客さんと一緒に見ながら、当時の思い出を振り返ります。

「役者と下ネタ」「役者の裸」など、役者○○というタイトルがつけられ、出演者5人それぞれにスポットライトが当てられた映像が流されました。

さらにその映像を選んだプロデューサーから、キャストの皆さんにコメントが。舞台でかなりの下ネタ演技をすることになった石渡さんには、「今後の役者生命に支障をきたすのでは、と心配しましたが、全開の演技を見せてくれました」と、役者魂を称えるコメントがおくられました。大白熱の対決コーナー3本勝負!
続いてのコーナーは【地獄のランウェイ最先端 流行ファッションクイズ!】。ここからは寺山さんにMCをバトンタッチ。阿部さん&小笠原さんによる「細道チーム」と、石渡さん&岡田さんによる「天国チーム」に分かれてクイズ対決を行います。

クイズのお題はファッション用語。出題された単語をイラストで表現し、それをTwitter公式アカウントにそれぞれアップ、会場のお客さんがその場で「いいね」で投票します。

第一問のお題は“ガウチョ”。各チームからそれぞれ阿部さん、石渡さんがチャレンジします。客席の女性の皆さんは大半が分かっているようですが、壇上の男性陣たちにはどうやら難しい様子。「キャミソールと使い方一緒ですよ」「僕はお風呂入るときに着ますよ」など、バラバラな意見が出ていました。そして阿部さんが描きあげた答えは、蛾をイメージしたという、なぜか海賊の顔が描かれたアクセサリー。対する石渡さんはガチョウをリードで散歩させている人のイラスト。曰く、ガチョウを連れているスタイルこそがガウチョとのこと。正解は、裾の幅がゆったりと広い、ひざ下丈から七分丈くらいのワイドパンツなのでどちらも不正解……ですが、判定はお客さんの「いいね」で決まります。小笠原さんがすかさずスマートフォンを開いて「いいね」を押そうとしますが間に合わず。しかし結果は、細道チームが120、天国チームが111と僅差で細道チームの勝利!

続いて第二問のお題は“オフショル”。今度は小笠原さん、岡田さんがチャレンジ。恐らく「オフショット」を連想したと思われる小笠原さんは、寝転びながらテレビを見る某麦わらの海賊のイラストを披露。その異質なイラストに壇上の全員が小笠原さんのもとへ集まってくる一幕も。対する岡田さんのイラストには、「とてもやすらか」という言葉とともに、肩を出して安らかな表情をした人が。なぜか肩のアップで肝心の服が描かれていないものの、ショルダーを出したファッションと答え、まさかの正解。結果は、細道チームが116、天国チームが147と正解した天国チームの勝利。正解を出した岡田さんに対して小笠原さんは「あ、そういう感じで来るのね、つまんないギャグやっちゃったわ」とあたかも自分も分かっていたと言わんばかりの発言。会場の笑いを誘っていました。

続いてのコーナーは【ジェスチャー対決】。30秒間により多くの正解を出した方のチームが勝利です。まずは阿部さんがジェスチャーにチャレンジ。「30秒あれば35個はいけそう」と豪語した阿部さんですが、正解は2問。対する岡田さんは、「ブルゾンちえみ」「サンシャイン池崎」など話題の芸人がお題に出され、苦戦しつつも2問正解でドローとなりました。勝負の行方は小笠原さんと石渡さんに託されます。「俺、ミスタージェスチャーゲームだから」と意気込んだ小笠原さんでしたが、「RYUSEI」「ボタニカル」など難しいお題が出された結果、1問正解という結果に。対する石渡さんは「ラーメン」「バナナ」とシンプルなお題をしっかり正解し、2問正解で天国チームが勝利しました。勝利した石渡さんですが、自分をバナナに例えて必死に身体を反らせるという奇抜なジェスチャーには全員からツッコミが入り、会場からも爆笑が起こっていました。そして最後の対決は【万歩計ダンス対決】。「セクシー」、「かわいく」、「かっこよく」の3つのテーマからランダムにひとつを選択し、曲に合わせて30秒間ダンス。万歩計の歩数の合計が多かった方の勝利となります。先に踊るのは「セクシー」を引いた天国チーム。ゆったりと腰をくねらせる動きはまさにセクシー! 会場も大いに盛り上がりましたが、万歩計のカウントは伸びず。岡田さんが97、石渡さんが52の合計149という結果に。対して「かわいく」踊る細道チームは、とにかく阿部さんの腰の動きが高速! 万歩計をつけた腰を揺らしに揺らしまくった結果、阿部さんひとりで116と圧倒的なスコア。小笠原さんの56をたしてチームスコアは171。細道チームの勝利です。これにて全ての対決が終了。通算で負け越した天国チームには罰ゲームとしてノニジュースが与えられました。その強烈な匂いと味に悶絶する天国チームでしたが、過去にノニジュースを飲んだことがあるという小笠原さんから、リアクション盛ってる疑惑がかけられます。しかしここで「それは飲みたいってこと?」と綺麗にカウンターがヒット。「そういうことじゃない」と拒んだ小笠原さんですが、本当にノニジュースが出てきてしまいます。

覚悟を決めて一気に飲み干した小笠原さんは「昨日飲んだシャンパンと一緒だよ」と痺れる一言! これには満場一致で「格好いい!」との声があがりますが、すかさず舞台袖に引っ込んで水を飲む小笠原さんでした。

そんな大盛り上がりの対決コーナーの後は、会場のお客さんから事前に寄せられた質問に答えていきます。「稽古中の面白いエピソード」や「お気に入りのアドリブは?」などの質問にそれぞれ回答。先ほどまでとは一転、まったりと緩やかなトークを楽しみました。そしてあっという間にエンディングの時間に。改めて出演者の皆さんから一言ずつメッセージを頂き、最後はお客さんひとりひとりと言葉を交わしながらハイタッチでお別れ。これにてイベントは終了となりました。

[取材・文/竹内信哉 撮影/相澤宏諒]

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DVDをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ