元I.O.I チョンハ、インドネシアの新進気鋭ラッパー リッチ・ブライアンとコラボ! 80年代のR&Bを彷彿とさせるサウンドにのせ滑らかな歌声を披露

10月7日(月)18時1分 KPOP monster

リッチ・ブライアン(左)、チョンハ

世界に名を馳せるアジア・ヒップホップ集団88risingのインドネシアのラップ王子リッチ・ブライアンと、元I.O.Iの人気シンガー チョンハがコラボレーションした新曲「ジーズ・ナイツ」がリリースされた。

同曲は今後発売される88risingのニュー・アルバム「ヘッズ・イン・ザ・クラウズⅡ」より先がけてリリースされており、80年代のR&Bを彷彿とさせる一曲で、新しい恋人と楽しく過ごす夜について歌っている。

【動画】リッチ・ブライアン&チョンハ「These Nights」MV

ゲストにはシルクのように滑らかな歌声で英語と韓国語を駆使しながら歌うチョンハが参加。彼女が88risingとコラボレーションするのは今回が初となる。

同曲についてリッチ・ブライアンは「俺はこの曲を聴くとロボットと愛し合いたいと思うんだ。中でも特にSiriとね」と語る。

今回のシングルリリースと同時に公開されたミュージックビデオは以前も JOJIやリッチ・ブライアンの動画を手がけたマイク・ラ・バートが監督を務めており、まさに80年代を彷彿とさせるようなダンス、髪型、ネオンなど、曲の世界観を見事に映像化している。

今年、リッチ・ブライアンはデイブ・メイヤーズ氏が監督を務めた新曲「イェロー」のミュージック・ビデオでインターネットを揺るがし、インドネシアの大統領から賞賛を受けるほどの人気を見せており、最近世界ツアーも開始している。

【動画】リッチ・ブライアン「Yellow ft. Bekon」MV

チョンハは今年1月リリースの「もう12時」で韓国チャートで首位を獲得し、 Billboardの世界デジタル・セールス・ランキングで最高6位まで登り詰めている。また、6月リリースのEP「Flourishing」からのリード・シングル「スナッピング」も韓国チャート3位、Billboard世界デジタル・セールス・ランキングで9位を獲得し、すでにマルチ・プラチナム認定を獲得している。現在YouTubeで4番目に最も検索されている女性KPOPアーティストである彼女は、すでに合計ストリーミング数10億回を突破する大ヒットアーティストとしてK-POP界のトップに君臨している。

【動画】チョンハ「もう12時」MV

先日88risingはロサンゼルスで2回目の大規模フェス「ヘッズ・イン・ザ・クラウズ・フェスティバル」を主催した。同フェスは約22,000人を動員し、NIKI、RHYME SO、そしてJOJI&ドン・クレズが新曲を初披露している。

「ヘッド・イン・ザ・クラウズII」のジャケットは日本人アーティスト、空山基が手掛け、今回88risingのヴィジュアル・アート・ディレクターとグッズのデザイン・ディレクターを務めている。

このアルバムには先日発表された88risingメンバーであるNIKIとDJ大沢伸一氏が女性アーティスト、モデル、DJ、詩人のRHYMEとの新ユニット「RHYME SO」による「Just Used Music Again」も収録されている。

リッチ・ブライアンについて

リッチ・ブライアン、本名ブライアン・イマニュエル。インドネシア・ジャカルタ出身の19歳である。2016年にリリースされたデビューシングル「ダット・スティック」がストリーミング数3億回を突破する爆発的なヒットを記録し、一躍ヒップホップシーンの最前線に躍り出る。

その後、21サヴェージ、オフセット、プレイボーイ・カーティなどをフィーチャリングに迎えたシングルを次々と輩出し、2018年に自身初のフル・アルバム「アーメン」をリリースし、これまでノース・アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジア各国でソールドアウト公演やフェスティバル出演などを成功している。ブライアンは現在カルフォルニア州のロサンゼルスを拠点に活動している。

チョンハについて

チョンハは現在韓国を中心に活躍している人気シンガー。2016年に大人気音楽テレビ番組「プロデュース101」に出場したことから注目を集めた彼女は、ガールズ・グループI.O.Iのメンバーとしてデビューを果たし、その後ソロ・アーティストとしてシングル「ホワイ・ドント・ユー・ノウ」を大ヒットさせて以来「ローラー・コースター」、「ラブ・ユー」、「ワウ・シング」、「ワッチャ・ドゥーイン」、「もう12時」などをリリースし、他の人気韓国アーティストとコラボするなど破竹の勢いで活躍の場を広げている。今年9月には4枚目となるEP「Flourishing」をリリースし、海外への発信も一層力を入れる予定だ。

88risingについて

これまでCNN、フォーブス、ブルームバーグ、ザ・ニューヨーカー、Billboard、ロサンゼルス・タイムズなど世界の主要メディアに取り上げられている88risingはアジア圏出身のアーティストたちを次々とメインストリームシーンに送り込んでおり、JOJI、リッチ・ブライアン、ハイアー・ブラザーズ等アジアを代表する新進気鋭のアーティストたちが所属する。

ワールド・ツアーを世界各地でソールドアウトにし、フェスの主催や現代のビッグスターたちとコラボレーションを果たすなど怒涛の勢いで急成長した彼らは先日8ページにも及ぶザ・ニューヨーカーでの特集に登場。彼らの活躍について「特異的なトーンに一瞬で変わるヒップホップトレンドを席巻する能力を持ち合わせるのが88rising。」や「東洋と西洋のクリエイティブシーンのガップを埋める主権者」と、非常に高い賞賛を浴びている。YouTubeチャンネル登録者数は現在330万人を獲得、また合計視聴人数は10億人を突破している彼らは、世界各地でソールドアウトショーや大型フェスの主催の成功やファッションブランド「ゲス」とのコラボ商品GUE88など、ジャンルを問わず領域を広げ、アジアの新たなカルチャーシーンを確立させていく存在となっている。

アルバム・シングル情報

シングル「ジーズ・ナイツ / These Nights」


リッチ・ブライアン・アンド・ チョンハ / Rich Brian and CHUNG HA
2019年10月3日配信

ダウンロード / ストリーミングはこちら:https://Japan.lnk.to/NayWkPu

KPOP monster

「インドネシア」をもっと詳しく

「インドネシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ