美奈子『ビッグダディ』のギャラは1か月拘束で50万円?

10月7日(土)7時0分 NEWSポストセブン

美奈子が『ビッグダディ』のギャラを明かす

写真を拡大

 9月中旬の午後、東京都心から少し離れた一軒家。15畳ほどの1階リビングに顔を合わせたのはカリスマ講師にして経済解説者の細野真宏さん、女性セブンの“オバ記者”こと野原広子、そして、“ビッグダディの元妻”としても知られる9人家族の美奈子の3人。『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート2018』(小学館刊、定価500円+税)でもおなじみ細野さんのアドバイスを受けつつ、美奈子の家計に迫る。


 * * *

オバ記者(以下、オバ)「まぁ、かわいい。おいくつ?」


美奈子「4月に生まれて6か月目。6女の柚都です」


オバ「何kgくらい?」


美奈子「もう7kgになります」


細野「お米よりも重いお子さんを片手で抱えながら、先ほどからキッチンでテキパキとお茶やお菓子の用意をしてくださったり…世のお母さんがたって、もっとほめられていいですよね」


美奈子「ヤッター、ほめてほめて(笑い)、なんて」


オバ「それにしても、6女ってスゴイわね。美奈子さん自身は今おいくつ…」


美奈子「34(才)です」


オバ「(半生を綴って話題となった著書)『ハダカの美奈子』の出版から4年。…ちょっと太った?」


美奈子「めっちゃ太ってますよ。15キロくらい」


オバ「幸せ太りね」


◆『ビッグダディ』のギャラは案外安い!?


オバ「美奈子さんといえば大家族のドキュメント番組を思い出すけど…ああいう番組って結構(出演料を)もらえるのよね?」


細野「ですよね。素材は美奈子さん一家だけで、高視聴率シリーズでしたからね。1回の撮影はどのくらい拘束されたんですか?」


美奈子「1か月ぐらいかな。カメラマン、音声さん、ADとかで4人ぐらいがズーッと家にいて、家族が増えたみたいになる」


オバ「シリーズで何か月も密着されるのも大変よね。1か月も拘束されたら数百万はもらってるのかしら?」


細野「世間はあれで美奈子さんの家計は潤っていたと思っていますからね」


美奈子「いや、実際にはそんなにもらえていないんです」


細野「まさか50万とかってことはないですよね?」


美奈子「え! ドキッとしました。はい、そんな金額です」


オバ「そう考えると、かなりワリに合わないわね。1か月もずっと撮られっぱなしで、ストレスもあったわよね」


美奈子「私、何かで、すっごい怒ってたときがあって。カメラを下ろしてたから撮られてないと思って、マジギレしたんです。そしたらオンエア見たらビックリ。低い位置から撮られてた。スゲーって思ったりしましたね(笑い)」


細野「どこが使われるのかも全く知らされないんですか。なかなか大変なお仕事でしたね」


美奈子「まぁ今さら後悔とかしても仕方ないですから」


細野「ただ、シリーズ化もされてギャラの交渉とかはあるのが普通なんだと思いますが。だんだん美奈子さんが見えてきました。美奈子さんは、家計の収入や支出をしっかり把握している方ですか? 家計の計画性は…」


美奈子「ない!」


細野「即答すぎますね(笑い)」


美奈子「1か月食べられたらいいみたいな感じで…今まで、1か月どれだけ残ったっていうのも把握してないし、今月いくら貯金ができるとかも、そんなの全然」


オバ「でも赤字じゃないんでしょ」


美奈子「はい」


オバ「要するに、手元に残らないだけで、あるものは使っちゃってるってことね。…なんだか私と一緒ね」


美奈子「でも、10年くらい前はシングルマザーで馴染みのない場所にいてお金もなく電気もガスも止まることがあって。大根畑やっている近所のおばあちゃんに葉っぱだけをもらいに行ったりしていました。そのころから、とにかく食べられさえすればいいとなったみたい。これまで貯金も考えたことがなくて…」


オバ「で、生活もだんだんと安定してきて、いざお金を使える状態になったら」


美奈子「やっぱ、使っちゃってるんですよねぇ」


オバ「なるほど。さすが美奈子さんの人生、男出入りもお金の出入りもハデねぇ。有名になる前とかはどのくらい稼いでたの?」


美奈子「キャバクラやってたときは60万くらい。でもそれは多いときで、普段はスナックやって、昼間働いて月に15万…よくいって20万くらい」


オバ「それでビッグダディと結婚して有名になって。…離婚してから本もベストセラーとか潤ったんじゃない?」


◆本のベストセラーで今の貯金は?


細野「話題になった『ハダカの美奈子』は23万部くらいでしたよね。他にもコミック化されたりいろいろと」


美奈子「この仕事(タレント活動)を始めてからは給料制で普通のサラリーマンと同じくらいの固定額でした」


細野「本の印税も込みですよね? あとタレントとしてテレビの出演料とかもあったから、桁が違うような…」


美奈子「でも給料制だったから…(編注・美奈子はその事務所を昨年末に退社した)」


細野・オバ「…」


細野「美奈子さん、計画的になりましょう!」


美奈子「…はい」


オバ「ちなみに、貯金は今どのくらいなの?」


美奈子「貯金は30万円くらいかな」


オバ「それは貯金って言わない。“残高”っていうのよ(笑い)」


美奈子「アハハハハ」


細野「でも、野原さんもあまり人のこと言えないですよね。以前、貯金ゼロって話してましたよね(笑い)」


オバ「そう、この間、細野先生に借金申し込んだのよ、借用書を書くからって。そしたら、断られちゃった」


美奈子「アハハハ。もしかして、オバ記者さんが私の未来なのかな?(笑い)」


細野「(独身の)野原さんはまだ身軽だからともかく、美奈子さん、これからのことを考えると、やっぱり計画性が必要ですよ」


※女性セブン2017年10月12日号

NEWSポストセブン

このトピックスにコメントする

「痛快! ビッグダディ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ