矢口真里、「“赤ちゃんのために”ネイルサロン」発言に上がった猛批判!

10月8日(火)9時59分 アサ芸プラス

 8月に第一子を出産したタレントの矢口真里が9月30日、自身のブログを更新。「ネイルへ!」と題された記事に〈そろそろお仕事も動き出すので、ネイルサロンに行ってきましたよー 私は自爪が薄くて鋭いので、赤ちゃんのためにも 実はネイルでぷっくりとさせといた方が安心感があって良いんですよね 今回も可愛くしていただきました〉と、ネイルをした両手の爪の写真とともに投稿した。

「矢口さんは翌日の10月1日にもブログを更新し《10月からお仕事復帰したいと思います》と宣言していますが、仕事復帰前に心機一転でネイルもキレイにしてきたのでしょう」(芸能記者)

 しかし、ネット上の反応は「赤ちゃんのためにネイル?自己満足でしょ」「ぷっくりさせといた方が安心感がある? 言ってる意味がよくわからない(笑)」「ネイルに行くのは自分がしたいからだろ。いちいち赤ちゃんをダシに使うな」「赤ちゃんのためなら、爪は短く切れよ」「赤ちゃんのためなら爪はシンプルが一番。爪の上に細かなパーツ乗っける意味ある?」と散々なもの。

「託児所を完備したネイルサロンもあるように、母親になったばかりの女性にもネイルでおしゃれをしたいという需要は一般的にあります。ただし、そこで『赤ちゃんのために』という動機を盛り込んでしまったのは失敗だったかも知れません。矢口の場合は、タレントという『見られる仕事』である以上、ネイルを含めて身だしなみに投資することは当然のこととも言えます。ネイルに行こうと行くまいと勝手にすればいいと思いますが、赤ちゃんを絡ませるのは…いったい、誰に向けた言い訳をしているのか、という気もします。もっとも、赤ちゃんのためにという感覚があるなら、仕事復帰をせずに、育児に専念するという選択もありますからね」(前出・芸能記者)

 ネイルで赤ちゃんにケガさせることのないよう、十分気をつけてほしいものだ。

(石見剣)

アサ芸プラス

「ネイル」をもっと詳しく

「ネイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ