井川遥、木村多江ら 有名人の運動会服に白や黒が多い理由

10月8日(火)16時0分 NEWSポストセブン

木村多江はデニムにブラウス、日傘を差して

写真を拡大

 長かった残暑もようやく終わりを告げ、秋の運動会シーズンが到来。子供のみならず親にとっても運動会は大きな楽しみだが、おしゃれな芸能人たちは、どんなファッションでわが子の運動会に行っているのか?


 NEWSポストセブンでは、「長谷川京子篠原涼子ら有名小学校の運動会でのオフショット」(10月4日配信)、「篠原涼子、井川遥 有名小学校運動会でのそれぞれのスタイル」(10月6日配信)という記事で、有名人たちのファッションを紹介。名門小学校の運動会を訪れた市村正親&篠原涼子夫妻、井川遥、木村多江、内田恭子、長谷川京子&ポルノグラフィティ・新藤晴一夫妻らの姿を紹介したが、中でもネットで評価が高かったのが、木村多江と井川遥だ。デニムに白いブラウス、日傘を差した木村には、


「多江さんが一番きれい」

「木村多江さんが、いい意味で『普通のママ』って感じで素敵で綺麗…」


 といった感想が寄せられ、白いシャツに帽子をかぶった井川には、


「井川遥さん素敵」

「井川遥、きれいだわー」


 といったコメントが登場。また、ファッションではなく“たたずまい”に感嘆の声が上がったのが市村正親で、背筋をきちんと伸ばし、前進黒ずくめのスタイリッシュなファッションで歩く市村には、


「市村さんスタイルも良いし、若いですね」

「年齢差を感じさせない、市村さんの若々しい佇まいが凄い」

「市村さんの様に姿勢よく歩きたいね」

「格好いいですよね!

市村さんスタイル最高!」


 など、称賛の声が多数寄せられた。有名人たちの運動会ファッションについて、ベテラン芸能記者の石田春男氏は言う。


「入学式や卒業式であれば、無難にフォーマルファッションでまとめれば良いですが、運動会はラフな格好が一般的。派手過ぎれば“TPOをわきまえていない”と言われてしまいますし、地味過ぎれば“私服はダサい”と言われかねませんから、どうしても注目されてしまう芸能人は、服選びに苦労していると思います。


 昨年、娘の運動会に参加する姿が報じられた反町隆史と松嶋菜々子のように、どれだけ地味な格好をしてもオーラが出てしまえば、もう仕方ありませんが、やはり今回紹介された井川遥や木村多江のように白を基調とした服か、市村正親&篠原涼子のような黒ずくめぐらいしか選択肢はなさそうです」(石田氏)


 プライベートの服選び1つにも気を抜けないのが芸能人。わが子の勇姿を見守るためにも、いろいろ苦労が多いようだ。

NEWSポストセブン

「運動会」をもっと詳しく

「運動会」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ