『ドクターX』好きなセリフランキング! 大門未知子の「致しません」を抑えた圧倒的1位は?

10月9日(土)21時55分 All About

All About独自アンケート調査による、120人が選んだ『ドクターX』で好きなセリフランキングを発表します! 圧倒的人気の1位は?

写真を拡大

2021年10月14日、ドラマ『Doctor‐X〜外科医・大門未知子』の待望の新シリーズがスタートします! All About編集部は、10〜60代の男女120人を対象に、大人気シリーズドラマ『ドクターX』に関する独自調査を実施。アンケート調査結果から、今回は『ドクターX』で好きなセリフランキングを発表します!

第3位:「メロンです、請求書です」(神原 晶)/24票

岸部 一徳さん演じる神原晶が大門未知子の手術後に、西田敏行さん演じる蛭間重勝に軽やかに告げるセリフが3位に選ばれました。外科医として超一流の腕前を持つ未知子のオペ費用は、難しいオペでは請求額が「1000万円」なんてことも。高額な請求額だからか、一応添えられるメロンが笑いを誘います。
回答者からは、「メロンと請求書をもらった相手の顔がちょっと笑えるから(23歳男性)」「痛快だから(54歳女性)」「してやったりの表情が、めちゃめちゃ最高(53歳男性)」「岸辺さんでしか出来ないセリフ(34歳男性)」などのコメントが見られました。
また、「シリアスな手術シーン後も最後にホッコリ出来るセリフだから(29歳男性)」「言わないと物足りない気分になる(45歳女性)」「メロンは欲しい、請求書はいりません。毎回ツッコミ笑いながら見れる定番シーンが好きです(34歳女性)」「神原晶の決め台詞。裏腹のある目付きに、メロンです、請求書です、は番組を締めてくれます(58歳男性)」など、ドラマの回を締めるセリフと感じている人も多いようです。

第2位:「致しません」(大門未知子)/34票

主人公、大門未知子の「致しません」が2位。大学病院の医局に属さない、フリーランス外科医の未知子。組織の権力争いも関係なく、超一流の腕前を持つため、雑用は一切お断り。やりたくないことはやらないとはっきり示すセリフに、憧れを持つ人が多いようです。
回答者からは、「はっきりと誰が相手でも関係なく貫き通す所が清々しい(22歳男性)」「毅然としていて痛快(57歳男性)」などのコメントが見られました。
また、「会社で言えたら言いたいですが無理です(63歳男性)」「世の中『致しません』って言いたい人沢山いると思う(44歳女性)」「こんなこと上司にストレートに言ってみたいといつも思う(41歳男性)」など、自分も実際に言ってみたい! という声が目立ちました。

第1位:「私、失敗しないので」(大門未知子)/78票

主人公・大門未知子の代名詞ともいえる名台詞「私、失敗しないので」が圧倒的多数で1位を獲得しました。趣味、特技が「手術」である、超一流の腕前を持つ未知子だからこそ、言い切れるセリフ。決してビッグマウスなどではなく、実際に成功させてしまうところが素敵ですよね。
回答者からは、「説得力がありすぎてかっこいい(22歳女性)」「この台詞を聞かないと見ている気がしない(35歳男性)」「失敗を恐れない姿が好きなので(36歳男性)」「患者としては、言われたらすごく安心すると思うから(47歳女性)」などのコメントが寄せられました。
さらに、「自分もこんなセリフを会社で言ってみたい! (27歳女性)」「自身満々で羨ましいです(53歳女性)」「強気な言葉で自分を奮い立たせるから(24歳男性)」「本当に失敗しない所が凄いなと思いました。また、私自身もそういう気持ちで知識経験を増やし、そうなれたら良いなと思った(35歳女性)」など、やはり「致しません」同様、憧れを持つ人も多いようです。
(文:福島 有紀)

All About

「大門未知子」をもっと詳しく

「大門未知子」のニュース

「大門未知子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ