田村淳、大学院で“遺書”を研究「死に向かって動き始めているなって」

10月9日(水)17時43分 マイナビニュース

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が、5日に放送されたラジオ番組『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』(文化放送/毎週土曜13:00〜)にて、大学で進めている「遺書」に関する研究の展望を語った。

今年4月から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の大学院生になった淳。

現在、大学院生として「遺書」に関する研究を進めており、「死についていっぱい書籍を読むじゃない。もうなんか、死に向かって俺、動き始めているなって思っちゃうのよ。45歳だけど」と語った。

また、9月29日には研究の一環として自身のTwitterにて「大切な人が亡くなったとして…あなたはその方から死後にメッセージが届く事を望みますか?望みませんか?」というアンケートを取ったところ、「いつものアンケートよりも参加する人が多かった」として、9万人超からの回答が得られたことを明かした。

続けて淳は「望むが71%、望まないが29%」だったと振り返り、「71%っていう数字を見ると、ますます研究にやる気が出てきますよね」と意欲を見せ、「遺書を書いたことない人に集まってもらって、“初めての遺書”のワークショップみたいなことをやりたい」とも。

そして「40代から遺書世代」との持論を明かし、「いつか死ぬわけだから、『死んだ後どうするか』という話をみんなでするのが、当たり前の世の中になっていってほしい」と話していた。

マイナビニュース

「大学院」をもっと詳しく

「大学院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ