【インタビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』アストンマーティン社員が語るボンドカー誕生までの全て、6ヶ月の制作秘話

10月9日(土)12時15分 THE RIVER

ド派手なカーアクション、メロウなロマンス、強敵との荒唐無稽なデスバトル。『007』シリーズで親しまれてきたこれらの名場面を、60年以上にわたって支えてきたものがある。世界各国の一流カーメーカーによって提供されてきたボンドカーだ。

なかでも『007』シリーズを代表するボンドカーといえば、2023年で創業100年を迎える英老舗メーカー、アストンマーティンによるものだろう。1964年、シリーズ第3作『007 ゴールドフィンガー』で初登場したアストンマーティンは、最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でも健在。ダニエル・クレイグが演じる最後の『007』を、4種類のアストンマーティンが豪華に彩る。

『007』のためだけに特注されるアストンマーティンの車は、危険なミッションに向こう見ずで飛び込むボンドを支えるスーパーカーであるだけでなく、演じるダニエルや過激なアクションに挑むスタントドライバーをも満足させるものでなくてはならない。そのため、アストンマーティン社では、新作のたびに『007』のための特別プロジェクトが発足される。

THE RIVERは、この“ボンド・プロジェクト”を『ノー・タイム・トゥ・ダイ』で率いたアストンマーティン社のベン・ストロング氏との取材を行った。在職期間15年のストロング氏は、2018年に“Q Advanced Operations”という名のプロジェクトチームのシニア・プログラム・マネージャーに就任。『007』シリーズの企画に携わるのは、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』が初となった。

スーパーカーの制作にあたり、『007』の製作側とアストンマーティン社の橋渡し役を担ったストロング氏。普通であればファンの耳には届くことはないであろう貴重かつマニアックな話の数々を聞かせてくれた。この記事を読み終えた頃には、ボンドカーのスペシャリストになっているかも……?

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に捧げた6ヶ月

── 最初に自己紹介をしていただけますか?

ベン・ストロングです。アストンマーティンにてシニア・プログラム・マネージャーをしています。専門は特別車です。取扱量が少ないほど、より高級になりますし─高級とは言いましたが、アストンマーティンが近頃発表している、貴重でエキゾチックな車のことです。例えば、オープンコックピットの「V12 Speedster」や「DBS ザガート」があります。(英イングランドに位置する)ニューポートパグネル発の車を継続生産していて、最も新しいものは「DB5 ゴールドフィンガー」、以前のモデルには「DB4 GTザガート」があります。“ボンド・プロジェクト”もそのひとつで、今日はその詳細をご紹介しましょう。(映画に使われた)DB5のレプリカ8台や、運転可能なプロトタイプカーのValhallaなど、すべてがこの映画のために特別に製造されたものです。

── “ボンド・プロジェクト”について、もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

はい。最初は(『007』の制作会社)イーオン・プロダクションズとの打ち合わせからプロジェクトが始まります。クリス・コーボールドというスタントパーソンがいて—スタント界の大御所ですが—まずは、プロジェクトの最初にクリス率いるチームと会うわけです。そこで、どんな車を求められているのか、それぞれの車にはどんな条件が必要なのかを検討します。条件として求められるのは、地形だったり、使い方だったり、車の登場するシーンだったりしますから、本当に重要なもの。そこから、どんな車が必要なのかをすぐに決定します。クリスから最初に連絡があったのは2018年の11月でしたが、その時に「DB5を映画に出したい。複数のシーンで、DB5でさまざまなことをする必要がある」というお話がありました。

※『007』シリーズでは、特殊効果コーディネーターとしてクレジットされている。

それで私たちからは、「いいですね、DB5が映画に出るのは素晴らしいことです。ただし、シーンの条件に沿うように、オリジナルのDB5を改造しなければ」とお伝えしました。車の上にもう一つの運転席が取り付けられた車が(8台中)2台ありますが、俳優が車に乗っている際、実は別の人間が上から運転しているわけです。車の構造はすべて正しいものでなければならず、究極的には安全性も求められる。どんな場合であれ、それが最初に要求されることです。つまり要件を見れば、DB5が必要であることや、そこで必要とされていることはわかりました。そこから仕様に着手し、映画用の特別なレプリカを作ることや、しかもそれが8台必要なことがわかる。

そのうちの2台には、車の上から操縦するための運転席を取り付け、車内に関連する構造も取り付けなければいけませんでした。国際自動車連盟からロールケージ(補強用フレーム)の取り付け許可を得て、立体の骨組を作る。デューン・バギーのようなバギー車を想像してもらえればいいのですが、そういう骨組を作り、そこにサスペンションやシャシー(車台)、車体を取り付けていき、目的が達成できるようにするのです。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

加えて、いくつかの条件があります。古い街の中を激走するので、シャシーは頑丈でなければいけません。ハリウッド流の運転の場合、多くはドリフトがたくさん出てきますし、その分の高出力が求められる。たいてい、(製作側は)ドリフトをさせたがるものですから。ただしオリジナルのDB5は、ドリフトはできるけれども、そのために作られた車ではありません。ですから、目的に沿って車を専門化させようと考えたのです。

そこで8台(のレプリカ)を作りましたが、中には大きな違いもあります。より現代的なドライブ・ラインを持つものと、より現代的なパワートレインを持つものです。(映画の)DB5にはラリークロス用のサスペンションを搭載していて、それはテクニカル・パートナーのプロドライブ(モータースポーツ専門企業)に提供してもらったものです。彼らはラリークロス用のサスペンションを作っていますから。モータースポーツを見ている方ならラリークロスをご存知だと思いますが、アスファルトや舗装されていない道路を混ぜたコースを走るレースです。サスペンションは大きな衝撃や大きな負荷に耐えられるよう作られていますから、基本的にジャンプすることもできる。そこで、プロドライブから特注のシャシーを提供してもらいました。

また、この8台は車体がカーボンファイバー製です。オリジナルのDB5はアルミニウム製なので、ひとつなぎのシームレスな車体ですが、これらの車(レプリカ)はカーボンファイバーなので、組み立て式で作られています。外観のパネルをすぐに取り外し、付け替えることができる。もし事故があっても、「あのパネルが壊れた」で済むんです。事故が起こったら、まったく時間のない中で、再び元通りにすることになります。それはオリジナルのDB5では無理な話です。もし事故があったら、金属加工品の修理に数週間かかりますから。ただしカーボンファイバーは組み立て式なので、フロントガラスから車の前部が見えますが、それらはすべて取り外せるんですよ。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

── すごいですね……。

ライトもフロントグリルも、すべてが一体化されている。それが本当に良いところで、誰でもすぐに動かすことができますし、なによりも車体に関するアクシデントがあった時、すぐに車を交換できます。それが映画に必要な条件のひとつでした。映画に登場するマテーラの街は、塀に囲まれているし、つるつるのタイル上を走ることになる。事故が起こる可能性は非常に高かったわけです。幸い、事故は起こりませんでしたが、それはすべて(ダニエル・クレイグのスタントドライバーである)マーク・ヒギンズの技術のおかげ。その一方、車の要件のおかげでもあります。最初の話し合いから車の準備ができるまでには6〜7ヶ月ほどかかりました。私たちにとっては本当に短い期間です。

そのためのチームを私たちは特別に編成しましたが、私自身もそのうちの一人でした。我々は独自の設備を持っているので、すべての秘密を守るべく、全員が(チームの)ユニットごとに倉庫の施設に込もりっぱなしだったんです。とんでもない話ですが、姿を消し、施設を押さえて、6ヶ月で車を作り上げるという挑戦は、チームだからこそできた最高の功績です。オリジナルのDB5と寸分の狂いもない車になりました。私たちの作り方は、最高の逸品であるオリジナルのDB5をバーチャル・スキャンして、仮想世界で正確なデータを入手し、それらを基にツールを作り、そして新しい車体のパーツを作るという方法。だから、ほぼ完璧なものを映画に登場させることができたのです。どのジェームズ・ボンド映画でも、我々の作ったレプリカは、オリジナルとほぼ寸分の違いもありません。隣同士に並べてみてもほぼ同じもの。素晴らしいことです。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

──すごい、本当に精密なんですね!

ええ、だってDB5ですから。そこまですることがアストンマーティンにとっても、また『007』シリーズにとっても非常に大切なのです。完璧じゃないレプリカを作るという選択肢は存在しません。まぎれもなく完璧であることが私たちには重要だった。レプリカではあるけれども、これぞ私たちのDB5だということです。非常にクールで、とてもよく走り、しっかりとパワーがあり、まさに昔ながらの車だということ。運転補助のようなものはなく、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)も安定制御もない。まさに昔ながらで、ドライバーは「そこが最高だ」と言ってくれました。軽い、速い、そして楽しい。この条件がすべて揃ったのが良かったのだと思います。大急ぎで車を作る中で、そういうことができました。

ご想像される通り、とても時間がかかりました。けれど、最終的には本当に良いものが出来上がったと思います。とてもクールなものになった。それから、クリス・コーボールドのチームとも一緒に作業をしました。彼らが車に載せるガジェットを作ったんです。ヘッドランプから小さな銃が出てくるシーンがありますが、あれを作り込むために、彼らとはとても密に仕事をすることになりました。銃や発煙筒のようなものを格納するスペースが車体の下に必要だったんです。だからクリスのチームとはしっかりと連携しました。ただし、時間は本当に限られていました。とにかく作らなければいけない、その後がどうなるかは分からない。そういう仕事をしました。

スーパーカー「Valhalla」の特別カメオ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

── DB5から発砲するシーンはとても印象的でした。

クレイジーなシーンでしたね。撮影の際、私たちも現場に行きました。製作チームと特殊効果のチームには頭が下がります。何度も撮っていましたが、撮影のたびにセットを造り直し、火薬を壁に仕掛け直さなくてはいけません。だから発砲すると、銃弾が壁に当たっているように見えるわけです。素晴らしかった。お見事でした。メロンやフルーツまで吹っ飛ばしていて、「これは、とんでもないぞ」と思いました。

──映画の中にはV8も出てきますよね? あれはVantageか、それとも……。

映画に出てくるのはDBSでしたよね?

──DBS?

(広報担当:V8も出てきます。)

そうだっけ……ああ、そうだ。古いV8が出てきます。そうだ、そうだ。すみません、Vantageのことかと思いました。

──すみません。

VantageのOscarも出てきますね。それらはすべてオリジナルの車ですよ。ロジャー・ベネットンがその部分を担当し、車を調達してくれました。『007 リビング・デイライツ』(1987)などに出てきたものと同じ仕様だと思いますが、あの車は『リビング・デイライツ』に登場しましたね。ロジャー・ベネットンが一式を担当してくれたんです。その他にはValhallaも作りましたし、そちらは風洞になったQのラボに登場しています。実際に走るんですよ。最初から劇中で走らせる予定だっんです。実際の車に人が座り、運転しているんです。そういう仕事もありましたし、そこは本編に残っていると思います。

※実際には『007 リビング・デイライツ』に登場したV8 Vantageのモデルと似た「V8 Saloon」のことと思われる。詳しくはアストンマーティン公式サイトを参照。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED. 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

── カメオ出演ということですね。

ええ、まさにカメオ出演だと思います。Qのラボの奥にあるんですよね。あれは実際に走れるもので、私たちが作った車です。あの車は厳密に言えば存在しないんですが、アストンマーティンのコンセプトカー(展示用)なんです。間違いなく、数年以内には生産されることになるでしょう。けれども、あれがミッドエンジン・スポーツカーの初披露になりました。

──あのような形で車を登場させた理由は何でしょう? 将来、Qが運転するのでしょうか?

そうかもしれません。Qのラボは未来的なハイテクのもので常にいっぱいでしょう? あれ(Valhalla)も、間違いなく未来的でハイテクなアイテムです。おそらく、Qが遊ぶためにあったんでしょうね。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

“腕利きドライバー”ダニエル・クレイグとの交流

── 監督のキャリー・フクナガとは何かお話をされましたか? 美しさの点や、彼が車に求めていることなど。

彼らはDB5を求めていましたし、完璧な見た目にする必要があるとも言っていました。彼(フクナガ)はとても満足されていたと思いますが、実は彼とはほとんどお会いしていないんです。車両のチームとはあまり話をしていなかったように思いますね。車や乗り物のキーパーソンはクリス・コーボールドで、彼がいつも近くにいてくれました。監督に特別なリクエストがあったとすれば、それはクリス・コーボールドのような人を私たちのところによこすことだったんでしょう。

(製作の)終盤には良いことがありました。写真をご覧になったかどうかわかりませんが、DB5が市場に並んでいるところに彼(フクナガ)がいたんです。雑誌の仕事だったと思いますが、その時に彼が私たちへの感謝を伝えてくれました。(製作中は)ほとんどがクリス・コーボールド経由でしたけどね。これはできるか、あれはできるか、この変更はどうか、もし調整したらどうなるのか。そういうことはクリスから聞きました。

使用不可_007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

── 実際に運転するダニエル・クレイグとのやり取りはありましたか?

もちろんです。私たちの車に関する仕事をダニエルは知ろうとしてくれていました。最初にクリス・コーボールドとのミーティングが何回かあった際、「あなた(ダニエル)のために車を作るんだ」と思えたんです。覚えているのは、ダニエルが足首の怪我をして、ギプスをしていた時のことです。初めて会ったのがその時で、彼に会うためにパインウッド・スタジオに車を持っていきました。彼は満足してくれて、「信じられない」といった感じで。車のレプリカを作ると決まってから、(本物ほど)良くは見えないのではないかと、彼は少々心配してもいました。だけど私がオフィスの窓越しから見ても、レプリカの車だとは分からなかった。

私が知るかぎり、ダニエルは(他の人に)、私たちが作った車を見るようにと勧めてくれていました。見た目が素晴らしいだけでなく、撮影にもふさわしい車だと。実際にマテーラで撮られたドリフトやスライドの映像は見事で、まさに彼らが求めていたものだと思います。だから、彼(ダニエル)も満足してくれたんでしょう。彼は映画に登場する車に強いこだわりがある人です。どんな車であるべきか、どんな見た目であるべきなのか。だから、そこには彼も深く関わっていましたし、撮影の前に5〜6回はお会いしました。撮影が始まった後は、彼には自分の仕事がありましたしね。

── 彼(ダニエル)から、特別になにか言われたことはありましたか? あなたへの注文であれ、別のことであれ……。

彼は車の見た目をすごく喜んでくれていたと思います。正直に言うと、ダニエル・クレイグとの面会はいつも少々圧倒されてしまうんですよね。彼はこっそりと来ていて、私たちが荷降ろしをしている最中に姿を見せると「これはすごいね」と。こちらは「あなたに喜んでもらえて肩の荷が下りました」という感じ。彼はすごく熱心だったし、(レプリカが)DB5のように見えること、求めていた通りに映画の中で走ることを本当に喜んでくれました。良かったです。

── 彼は本当に腕のいいドライバーだと聞きました。どう思われますか?

ええ、そうだと思います。彼は(車に関する)たくさんの撮影を自分でやっていて、ドーナツターンやアクションも自分自身でやっているんですよ。

── 彼自身だったんですね。

ええ、とても上手な方です。スピードの速い部分はマーク・ヒギンズに任せていたと思いますが、俳優たちが自分で演じたところも多いんですよ。ダニエルは自分自身で多くの運転をしていましたし、ドライバーのチームと話していても、彼は本当に腕利きのドライバーなんだと思いました。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

音楽、車、歴史の三位一体。『007』のカー・シーン

── 映画を観たり、ご自身の仕事を見たりして、最も誇りに思う瞬間を教えてください。

チーム全体を代表して言えるのは、ジェームズ・ボンド映画のオファーがアストンマーティンに来ること自体が本当に特別だということ。そして、ボンド映画のためにDB5を作るのは、それ以上に特別なことです。私が最も誇りに思っているのは、DB5そっくりの、DB5そのもののように走る車を作ったこと。私だけでなく、チーム全体にとって本当に特別なことだと思います。

たくさんの時間をかけましたし、チームの本当に大きな努力がありました。その一部になれたのは素晴らしいことです。6ヶ月で車を作るという、期間の短いプロジェクトでした。チームの一員になれたことを心から誇りに思いますし、車を見てもらえるのもすごくうれしい。機械の故障もなく、事故もなく、車にとってこれ以上のことはありません。それも私にとっては本当に特別なことです。映画に車が登場し、その性能をお見せする以上、故障がなかったという事実こそが、私たちが取り組んだ作業量の証明です。とても誇りに思います。

── ボンド映画のカーチェイスにあって、『ワイルド・スピード』など有名作品のカーチェイスにはないものは何でしょうか?

私が思うに、ボンド映画の車のシーンには独特の雰囲気がありますが、それが何なのかをはっきりと表すのは難しいですね。クリス・コーボールドはたくさんの映画に深く関わっていますから。ただし私が気づいたのは、彼らがほとんどの作業を実物でやっていることです。CGに頼りすぎていない。実際に起きていることだからこそ、十分なリアリティがあるのだと思います。それから、こだわられていることがたくさんある。音楽、車、歴史。そういったすべてが優れたカー・シーンを作っているのでしょう。私には分からないことですが、過去作品から期待されることもあるのかどうか……。

とにかく、確かに言えることは、大変な仕事がたくさんなされていて、だからこそ見事な車映画になるということ。きちんと計画が組まれ、十分な技術と大変な努力があり、あらゆる仕事が組み込まれている。(ボンド映画とその他の作品を)区別するものが何かは分かりませんが、確実にユニークなカーチェイス・シーンを見ることができるし、それがボンド映画の大きな特徴だと思います。これからも長く続くことを願っています。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は絶賛公開中。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式サイト

THE RIVER

「誕生」をもっと詳しく

「誕生」のニュース

「誕生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ