『ジョン・ウィック』スピンオフ、『アンダーワールド』監督がメガホンか

10月10日(木)14時0分 クランクイン!

 俳優のキアヌ・リーヴスにとって、SFアクション映画『マトリックス』シリーズに続く人気アクションシリーズとなる『ジョン・ウィック』。第4弾の他に制作されるスピンオフ『Ballerina(原題)』の監督が、映画『アンダーワールド』シリーズのレン・ワイズマンに決まったとDeadlineが報じた。 日本では10月4日に封切りとなった第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』。同作にはバレリーナがステージで練習を重ねるシーンがあるが、スピンオフ『Ballerina(原題)』は若い女性の暗殺者が家族を殺した者に挑む復讐劇になるという。第3弾でバレリーナという役を演じているのは、ニューヨーク・シティ・バレエ団のソリスト、ユニティ・フェランだが、スピンオフで誰が主演するかは不明だ。

 スピンオフ企画は急ピッチで進んでいるとのこと。脚本は第3弾の脚本に参加しているシェイ・ハッテンが担当。『ジョン・ウィック』シリーズの監督チャド・スタエルスキや、プロデューサーのベイジル・イヴァニクらが製作に名を連ねる。キアヌは製作総指揮を務める。現在のところ、ジョン・ウィック役でのカメオ出演は伝えられていない。

 『Ballerina(原題)』は『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾とストーリーが交錯するのか、または単独展開となるのか。さらなる詳細が待たれるところだ。

クランクイン!

「ジョン・ウィック」をもっと詳しく

「ジョン・ウィック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ