マイケル・ジョーダン、子どもの貧困率ワースト1位の地元に7億9千万円を寄付

10月10日(火)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


2016年4月のNBAプレーオフで選手に声をかけるマイケル・ジョーダン
(写真:AP/アフロ)



NBAの元スーパースターで、現在はシャーロット・ホーネッツのオーナーであるマイケル・ジョーダン(54)が、地元に医療施設を建設するための資金700万ドル(約7億8,750万円)を寄付した。2020年には、ジョーダンの名を冠した貧困層のための二軒のクリニックが開業予定だという。


ホーネッツはノースカロライナ州シャーロットの本拠を置く、NBAの中では最も新参のチーム。ジョーダンのスポークスパーソンによると、ジョーダンはシャーロットに住む子どもの貧困率がワースト1位であるとする調査結果を受け、今回の決断に踏み切ったという。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マイケル・ジョーダンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ