吉岡里帆、背中チラ見せにドキリ “抱きしめたくなる”ニット着こなす

10月10日(木)13時47分 モデルプレス

吉岡里帆/「steady.」11月号(C)宝島社

写真を拡大

【モデルプレス=2019/10/10】女優の吉岡里帆が、発売中の雑誌『steady.』11月号の表紙を飾った。

◆吉岡里帆、新顔ニットをキュートに着こなし

同号では「抱きしめたくなる LOVE・ニット」と題し、秋冬のスタートに相応しいバリエーション豊富な新顔ニットたちを吉岡がキュートに着こなし。

表紙では、さりげないダメージ加工が施されたビッグサイズのピンクニットと花柄のロングプリーツスカートを合わせ、可愛らしくも抜け感のあるスタイルを披露した。

誌面では、背中の開いたグリーンのモヘアニットで美肌を披露。猫柄のスカートを合わせ、ドキリとする女性らしい表情を見せた。

◆吉岡里帆、役柄に自身を投影

現在公開中のスリラー映画『見えない目撃者』では、猟奇的な連続殺人鬼に立ち向かう視力を失った元・警察官の浜中なつめに挑戦した吉岡。「なつめにはつらい過去があることから、私自身も撮影中は自分の楽しみをできるだけ減らして過ごしていました」と役作りの努力も明かした。

また10月11日公開のアニメ映画『空の青さを知る人よ』では、声優を務める。声を担当した相生あかねについて「彼女は選択を迫られたときに自分にとって何を一番大事にしたいかが明確で、とてもカッコいい生き方をしてきました」と言い、「大人になればなるほど人間関係や環境は複雑になるけど、私も大事なものを見失わない自分でありたいな」と思いを語った。(modelpress編集部)

情報:宝島社

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「ニット」をもっと詳しく

「ニット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ