渡部建・佐々木希の結婚式「取材NG」だった理由

10月10日(火)19時0分 まいじつ


(C)まいじつ



お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建と、モデルで女優の佐々木希が、10月8日に東京都内で結婚式と披露宴を行った。会場には幸せなふたりの姿を捉えようと報道陣も詰め掛けたが、出入り口にパーテーションを立てるなどしており、幸せそうな夫婦の姿がメディアに公開されることはなかった。


【関連】 佐々木希の「激しいシーン」に夫・渡部建卒倒寸前!


渡部の相方の児嶋一哉も、おいそれとプライベートを口にできないようで「どこまでしゃべっていいのか分からないんですよ」と困り顔を見せていた。ただ、ふたりの様子を尋ねられると「幸せそうでしたね」と笑顔で答えた。


渡部と佐々木の交際は、2015年4月に一部週刊誌で報じられて発覚。そして今年4月9日に、渡部が出演する『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)で結婚を発表した。佐々木が「とにかく優しくて、一緒にいたら穏やかになれる」と明かすように、渡部に惚れこんでいたようだ。


「当初は結婚式でちゃんと取材に対応するかと思ったのですが、佐々木も渡部もインターネットなどに散々あることないことを書かれてうんざりしており、記者会見などはやらない方向で落ち着いたようです」(芸能関係者)



お互い個人として勝負したい


渡部と佐々木は8月に放送された『24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜』(日本テレビ系)で“共演”したものの、佐々木が登場すると渡部は席を外すなどしていた。


「この夫婦は私生活を切り売りするのが嫌なのだと思います。佐々木は『結婚しても仕事を続けたい』と明言していますし、渡部もバラエティー番組で佐々木についていじられるときは極力、私生活を明かさず逃げるようなトークを続けています。その一方で、この夫婦はマスコミに媚びないから好感度が高いのです」(同・関係者)


広告代理店によると『CMで共演してほしい夫婦』としてほぼトップにランクインされているという。しかし、佐々木が「共演を売りにしたくない。お互い、個人として芸能界で勝負したい」という思いが強く、いまはまだふたり揃ってメディアに露出しない状態が続いているのだという。


「夫婦で芸能界で売り込みをかけ続けると、もし別れることになった場合に大きな反動があります。特に、不倫で離婚に至った場合はなおさらです。矢口真里がいい例で、夫婦のラブラブぶりをテレビで明かしてあの結果ですから。佐々木たちはそのあたりのことも計算しているのでしょう」(同・関係者)


理想のカップルの行く末を見守りたい。


まいじつ

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ