三谷幸喜がツイッター再開で近況報告「SMAPの手料理、すぐ下げられちゃいました」」

10月11日(金)13時7分 J-CASTニュース

   演出家・映画監督の三谷幸喜(52)が10月9日(2013年)、「お久しぶりです。本日より復活」と約2年ぶりにツイッターを更新した。



   監督最新作「清須会議」の宣伝活動の一環で、ツイッターを再開した三谷。同作が公開される11月9日までの期間限定だという。復活宣言後には「今日はSMAPの手料理を頂きました。本気で食べる気でいたのに、意外とすぐに下げられてしまいました」「コラムニストの深澤真紀さんと対談。僕の作品のファンだったそうで、恐縮。あまりのパワフルさに圧倒される。対談とはいえ僕は頷くだけの90分」などと、さっそく近況を報告している。



   三谷は2011年公開の前作「ステキな金縛り」公開前に期間限定でツイッターを始めた。100回以上にわたり、仕事や自身のことなどをつぶやき、ファンを楽しませた。しかし映画公開の10月29日には「僕の呟きはこれでおしまいです。皆さん、付き合ってくれて、どうもありがとう。今後、言いたいことがある時は、作品を通じて大声で叫ぶことにします。『ステキな金縛り』、ぜひ観て下さいね。今夜はやっぱり眠れないので、『お熱いのがお好き』を観ることにしました。三谷幸喜」と残して以来、更新をストップしていた。

J-CASTニュース

「ツイッター」をもっと詳しく

「ツイッター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ