マーベル女性陣、社長に“女性ヒーロー集結”作を直訴

10月11日(金)1時4分 ナリナリドットコム

ブリー・ラーソンらマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の女優陣が、女性ヒーローが集結した映画の製作をケヴィン・ファイギ社長に求めているという。キャプテン・マーベルことキャロル・ダンバース役で初のMCU女性主役作に出演したブリーは、女性中心の更なる作品を求めてファイギ社長に直談判したそうだ。

ヴァラエティ誌とのインタビューでブリーはこう明かしている。

「マーベルのたくさんの女性キャストがケヴィンのところに行って『私たちは一丸となって、これをやりたいんです』と言ったの。それが何を意味するかは分からない。私はマーベルの将来を管理しているわけではないし。でもそれが私たちが情熱を傾けるもので、愛するものであることは確か。もしそれを求める人が十分にいれば、実現するかも」

ブリーは「アベンジャーズ/エンドゲーム」で、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンやネビュラ役のカレン・ギランら女性キャストと共演を果たしており、その撮影がとても楽しかったと語っている。

「とにかく最高の日だった。あんな女性たちみんなと一緒にいられるなんてね。しかも作品のことは何も話しちゃいけないから、秘密を持っているようないたずら気分みたいのも味わえる。1つのゴールに向かって一緒に取り組んでいる魔女の集まりみたいな気分。それに皆さんご存知の通り、女性陣が一同に仕事を出来ることはあまりないわ。女性が集結した映画がたくさん出てきたことは、この業界においてすごく新鮮なこと」

ナリナリドットコム

「マーベル」をもっと詳しく

「マーベル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ